産地・銘柄を超えた、農作物のブランド化——小泉農園「わがままいちご」

share

ギフト需要を開拓

ハーブ製品の加工所を活用して、わがままいちごの加工品づくりにも取り組む。

わがままいちごの販売期間は、毎年12月中旬から3月中旬。いちご狩りは3月上旬から5月中旬まで実施している。農園直売や朝市、ファーマーズマーケット、スーパーマーケットなど多数のチャネルで販売しているが、現在ではオンラインでの注文が圧倒的に多く、しかもギフト需要がほとんどだという。

「12月はクリスマスやお歳暮、1月はお年賀や成人祝い、2月はバレンタインデー、3月はホワイトデー。ギフトとして贈るのに、『わがままいちご』は特別感があって喜ばれます。ギフトは、贈られた人が次のお客さまになってくださる可能性が高く、効率よくファンを増やしていくことができるので、積極的に展開していきたいと考えていました」と博司さん。ネット販売のスタートに合わせて制作した、ブランドロゴやギフトボックスも、ギフト需要の向上に一役買った。手掛けたのは、ブランド化のアイデアをくれたデザイナーだ。

「最初のうちは、『かわいいから、箱だけ欲しい』と言う人もいたくらい(笑)。クリエイティブの力を感じました」。

「わがままいちご」の展開は …

「続きは100万社第3号本誌をご覧ください」


mikkion-under

「100万社のマーケティング Vol.3」発売
詳細はこちら ▶

Follow Us