アマゾン、話しかけて商品注文 音声アシスタント一般発売へ

share

米アマゾンは23日、家庭向け音声アシスタント端末「Echo(エコー)」を、米国で一般発売すると発表した。同日から予約を受け付け、7月14日から順次発送する。2014年11月から有料会員(Amazonプライム会員)を対象に、招待制で販売していた。

アマゾンが開発した家庭向け音声アシスタント端末「Echo(エコー)」。環境にもよるが、6~9メートル離れても、音声を認識できるもよう。

5月には、過去に買ったAmazonプライム対象商品を注文できる機能を追加した。例えばキッチンで、ペーパータオルがないことに気づいたとき、「ペーパータオルを注文して」と頼むような利用場面を想定している。当てはまる商品がない場合は、エコーが自動で類似商品を探し、商品名を読み上げて購入を提案する。

円筒形の筐体に搭載した7つのマイクで言葉を自動認識する。事前に設定した合言葉を発すると起動し、命令を聞くモードになる。Wi-Fi経由でスマートフォンと連動させて使う。サイズは高さ23.5センチメートル、幅8.3センチメートル。

価格は180ドル(約2万2300円)。商品注文のほかに、電子書籍やニュース、交通情報の読み上げ、インターネット検索、音楽再生、一部のネット接続家電の操作などができる。


「米アマゾン」に関連する記事はこちら

Follow Us