コラム

広告の中の人 次世代を担う注目のタレント

魅力は“昭和感” 黒木華、本格派女優までの道のり

share

年々活躍の場を広げる本格派女優、黒木華(はる)さん。その演技力は各方面から高く評価されており、2014年には「第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)」はじめ、多くのアワードを受賞。“昭和感”漂う彼女の魅力に迫る。
at01180003

黒木華
スタイリスト/髙品逸美 ヘアメイク/新井克英(e.a.t…)

足立:最近、黒木さんの演技を見る機会が多く、注目していました。

黒木:ありがとうございます。興味を持っていただいて嬉しいです。

足立:演技はいつごろから始めたのですか?

黒木:幼い頃からです。母がとても活動的な人で地域の活動によく参加していたのですが、活動の一つにお芝居があったんです。母に連れられて参加をし、演技してみると地域の方々が褒めてくれて、それから演技が好きになっていきました。私は人とコミュニケーションをとるのがあまり得意ではないのですが、お芝居には自分の居場所があって、楽しいと思えたんです。

足立:高校から本格的に始められたんですよね。

黒木:はい。高校の演劇部は相当厳しかったです。朝から晩まで土日も休まずに練習していました。でも大会に出ると負けてばかりで悔しかったですね。当時はすごく青春でしたし、あのとき一生懸命にやれたからこそ、いまがあるのだと思っています。

足立:大学でも演技を学ばれたと。

黒木:大学は実践を重視する校風で、監督コースの学生が、俳優コースの人をキャスティングするという仕組みでした。そこでは、なかなか声がかからず、何もしていないなと思っていたときに、先輩から野田秀樹さんの演劇ワークショップの話を聞いたんです。

足立:それで合格したんですね。

黒木:自信はなかったし、演技が楽しいという思いだけでやっていたので、当然落ちると思っていたんですけど(笑)。オーディション自体も楽しくて、本当に運がよかったと思います。

足立:それは実力ですよ。それから活躍の場も広がりましたね。

黒木:ありがたいことに、プロの方々に交って、一介の大学生の私がお芝居をさせてもらう機会をいただきました。そうした経験を通じて、はじめて女優として仕事をしていきたいと思うようになったんです。それからはもう、迷いはなかったですね。

次ページ 「きちんと下積みを経験し」へ続く

Follow Us