コラム

四苦ハック人生 in Sanfrancisco

今や3人に1人はフリーランス。アメリカでフリーランスが多いワケ

share

【前回】「海外でフリーランス・アーティストとして生きるには。スズキユウリさんの仕事論。」はこちら

画像提供:shutterstock

フリーランスって何?

フリーランスという職業をご存知ですか?Googleで「フリーランス」と検索すると、「海外で話題」や「国内でも増えている」といった検索結果が上位に出てきました。実際、僕のSNS上でも職業がフリーランス◯◯という友人が日本でも増えてきています。

フリーランス(英:freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。略してフリーと呼ばれる。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。 —Wikipedia

フリーランスとはWikipediaにもある通り、一般的に専門的な技術や知識を提供することにより賃金を得ている個人事業主のことを指します。例えば個人で営む写真家やデザイナーが例に挙げられます。検索結果が示唆する通り、アメリカでは一般的な職業形態で、Forbesの記事によるとアメリカ全体の就業人口のうち、約1/3がフリーランスで生計を立てているそうです。

なぜアメリカではフリーランサーがこんなにも多いのでしょうか?

次ページ 「アメリカでは、みんなが専門職」へ続く

Follow Us