コラム

【閲覧注意】鬼ムービーのガチすぎる動画教室

動画はタイミングが命!パナソニックに聞く、オンライン動画のつくり方、広げ方

share

オンライン動画に積極的に取り組んでいる企業には、何か共通点があるのだろうか。僕たちは、そんな疑問を抱き、最近、オンライン動画に熱心な2社に、話を聞いてみることにしました。これからオンライン動画に挑戦したいと思っている方や、ヒットする動画をつくるにはどうしたらいいのか悩んでいる方にとって、ヒント満載の話を聞けたと思うので、シェアしたいと思います。まずは、パナソニックさんです。

パナソニックさんは、2013年ごろからSNS広告等でオンライン動画を積極的に活用し始め、YouTubeの公式チャンネルにも、日々さまざまな動画をアップ。その数、今や2000本超! 僕たち鬼ムービーも、いわゆるHERO動画の企画・制作で少しお手伝いをさせてもらっていて、今年1月にパナソニックさんとして初のHERO動画「LOVE THERMO #愛してるで暖めよう(#WarmUpWithLove)」をローンチしました。

パナソニックさんが、オンライン動画に注力する「理由」はなんなのか。そこには、どんな「ノウハウ」があるのか。多くの人が求めてやまないヒットのための「答え」はあるのか。パナソニックのコミュニケーション部 WEB&宣伝課の木村知世さんに聞きました。

パナソニック コミュニケーション部 WEB&宣伝課の木村知世さん

「バズってほしい」は、企業側の一方的な思い

—いわゆる「バズる」という意味で、ヒット打率を上げる秘訣はどこにあると思いますか?

「バズる」って、もう死語かもしれないですが、「バズる」ことを目的にして動画をつくると、あまりうまくいかないですよね。「バズってほしい」って、動画をつくった企業側の一方的な思いなんです。見る人側の感情ではありません。だから、見る人のタイミングや気持ちを気にせずに、とにかくヒットさせたい、という思いだけで動画をつくると、結果的にうまくいかないと思います。お客様に、よりスムーズに受け入れられる内容かどうか、タイミングかどうか、という点をきちんと考えて初めて、うまく受け入れられるのではないでしょうか。動画をつくることと同じか、それ以上に、世に出るタイミングを意識することは大切ですよね。

—「LOVE THERMO #愛してるで暖めよう(#WarmUpWithLove)」も、暦の上で最も寒いといわれている「大寒の日」にローンチしましたよね。

そうです。お客様が、能動的に「見たいな」「見てみようかな」と思った“瞬間”を捉えて動画を公開するほうが、見ていただける打率が上がると思ったので、あの動画の場合は、大寒の日を選びました。最も寒い日だから、大切な人を愛の言葉で暖めよう、というメッセージがお客様に深く伝わりやすいと思ったんです。お客様が、その動画をより受け入れやすいタイミングがあるなら、「その日」に公開したほうが、きっといいですよね。

今年1月に公開した、パナソニックさん初のHERO動画「LOVE THERMO #愛してるで暖めよう(#WarmUpWithLove)

—そういう考えは以前からお持ちだったのですか?

2015年の8月にチームで渡米し、Google(YouTube)とFacebook(Instagram)、Twitterの各社を訪問しました。各社から“モーメント”についての話が出て、すごく学びになりました。つくる中身もさることながら、お客様の共感を呼ぶには、発信のタイミングがいかに重要か、ということに気づかされたんです。

同じ内容のコンテンツでも、どの日に接触するのか、ということで生活者の反応は大きく変わります。さらに細かく言うと、一日の中でも朝、昼、夜どのタイミングか、あるいは、平日の通勤時間帯なのか、休日の就寝前なのか、つまり、お客様の“どの瞬間”を捉えるのか、ということでも変わってきます。いわゆる、「マイクロ・モーメント」という考え方です。発信する動画が、そういった“瞬間”のどのシチュエーションに向いているのかを、丁寧に考えるべきなんですよね。

次ページ 「つくりたいことに合わせた予算配分が大切」へ続く

Follow Us