タイガー魔法瓶が代官山におにぎり専門のレストランを期間限定でオープン

share

タイガー魔法瓶は10月19日から21日の3日間、代官山のGARDEN GALLERYでおにぎり専門のレストラン「La Donabe presented by タイガー土鍋炊飯ジャー『炊きたて』」をオープンした。同社の土鍋炊飯ジャー「炊きたて」で炊いた土鍋ごはんのおいしさを驚きと共に伝えることが目的で、アートのようなおにぎり全7品と裏メニュー1品が提供された。

全7品からランダムで提供される

おにぎりのネーミングに特徴があり、「満ち足りた二人だけが知っているそれぞれの秘密」「大いなるゆるしを受けたものたちのにぎやかな饗宴」などフレーズのような名前になっている。タイガー魔法瓶の広報担当は、「土鍋ごはんのおいしさが一番伝わるのは、おにぎりということで提供メニューが決まりました。おにぎりには握った人の愛情がこもっていて、当社の理念である『世界中に幸せな団らんを広める。』の背後にも必ず”愛”があります。そこで、それぞれのおにぎりには『初恋』『両思い』『家族愛』など愛をテーマにした意味が込められています」と話す。メニュー開発も新しく、ネーミング後にアート表現が決定し、最終的に味や食材などが決まったという。裏メニューは塩むすびで、メニュー名は「愛そのまま」。

裏メニューとして提供された「愛そのまま」(塩むすび)

「La Donabe」の店内中央には、アーティスト「DAISY BALLOON」によるバルーンアート「気化–vaporization」を設置。1つひとつのバルーンが水滴を表し、全体で水蒸気を表現している。

DAISY BALLOONが手がけた「気化–vaporization」

Follow Us