コラム

広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2019 リレーコラム

ラジオと音声広告のこれから

share

【前回コラム】「テレビの環境変化とデータの拡張」はこちら

写真123RF

2018年は、ラジオ媒体としてはデジタルオーディオ及びデジタルオーディオアドに注力した年でした。

ラジオリスナーが「ラジオ」を「ラジオ」として聴く時代から、「音声コンテンツ」として聴く時代に入り、今はまさにその過渡期だと思います。リアルタイムでなくても、自分の好きな番組、お気に入りのMCの放送を、スマホやPCから手軽に聴く環境がさらに整いました。

radikoでは10月から「radikoオーディオアド」がスタートし、ターゲティング指定配信広告ができるようになりました。音声以外のデジタル広告で当たり前に実施できていることが、radikoオーディオアドでも可能になったのです。

オーディオ(音)は、企業メッセージ等を直接「耳」に届けることができます。マクロミルの調査によると、スマホの平日の利用状況は、何も聴かずに画面を見ている人、スマホからラジオや音楽を聴いている人など、スマホを通して「耳」から情報が入る可能性のある消費者が8割。

聴く態勢で音声を楽しむので、700万人と言われるオーディオユーザーの「耳時間」に情報を発信することは、リーチ獲得に有効だと感じています。今後はターゲティングできるインタレスト項目が増える予定ですので、ラジコはオーディオアドとして一つの指標になると期待されます。

また、ラジオ番組は音声放送だけでなく、出演者の動画を作成・再生する、書物の作成、クライアントのオウンドメディアで再生する、など二次利用の動きが活発になってきています。このようにラジオ媒体は番組を一つのコンテンツととらえ、様々な方法で配信する=多くの人にリーチするメディアとして、さらにコンテンツが重視されると思います。

それぞれの放送局がそれぞれの局の特徴を活かした番組(コンテンツ)作りをすることで、ラジオがもともと得意としてきた、パーソナリティとリスナーの向き合い(face to face)を活かし、音声ならではの「エンゲージメント」作りが強固になるのです。

オーディオアド・オーディオビジネスの進化が加速する中で、重要なのは「コンテンツ力」と「インタラクティブ性の強化」です。当社のラジオ局では、局内にオーディオビジネス専門の部署を2017年から立ち上げ、様々な取り組みを始めております。2017年にスタートした「ラジオクラウド」は、現在62万DL/提供コンテンツは27,000本以上。

音楽配信サービス「spotify」も動画、音声、バナーという多様なメニューでオーディオアドが注視されています。また今春からは、米国の音声広告テクノロジー企業Instreamatic社と提携し、AI技術を活用した「インタラクティブ音声広告システム」の日本およびアジアでの販売など、新しいビジネスチャンスの構築に取り組んでいます。

ここで注目すべきは、やはり「音声広告」です。デジタルアドでは、バナー・動画・音声、主にこの3つが1セットとして使われますが、意外と見落とされているのが「音声」ではないかと思います。音声は、視覚を奪われることがなく、ストレスが少ない環境でユーザーへ話しかけることができ、またユーザーも音声で返答することが可能なので、よりインタラクティブなコミュニケーションが実現できるのです。

これからのデジタルオーディオアドにとっても「音声をしっかりつくること」が重要になってくると思います。

蓮池朋子
博報堂DYメディアパートナーズ ラジオ局業務推進部

 

広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2019

博報堂DYグループ各社で長く使われてきた、メディアの広告ビジネスに携わる人のためのデータブック。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の出稿広告主ランキング、ネット広告の種類・効果指標、ターゲット別メディア接触状況など、各種情報が詰まった「今すぐ使える」1冊。今年はメディア環境研究所所長が「メディア環境のこれから」について語ったインタビューに加え、東京五輪を目前に控えた今、押さえておきたい「2019年のスポーツコンテンツビジネス最新動向」も収録しています。

amazonでの購入はこちら

Follow Us