「CES 2020」現地レポート② — SamsungとLGに見る要素技術を体験に昇華させるストーリー構築力(森 直樹)

share

【関連記事】「CES 2020」現地レポート① — 今年の注目はIntelligence of Thingsと5G(森 直樹)」

2020年のテクノロジートレンドを占う最初のイベント、世界最大規模のテクノロジーカンファレンスであるCESが、今年も米国・ラスベガスで始まりました。CESは、4,400以上の企業が世界中から出展し、250を超えるセッションが行われます。その参加者は例年、世界の約160カ国から17万人以上に及ぶ巨大イベントです。
CESは、そもそもは家電ショーとしてスタートしましたが、今日ではテクノロジーとイノベーションのイベントへと変化。スマート家電に始まり、モバイル、自動車、ロボティクス、IoT、AI、XRなど、先端的な取り組みに触れることができます。ここで触れることができるテクノロジーは、ライフスタイルを大きく変化させることは間違いなく、マーケターにとっても注目すべきイベントと言えるでしょう。
オリンピック・パラリンピックイヤーの2020年も、「アドタイ」視点で現地から森直樹が最新情報をお届けします。

CES2020レポート第2弾では、2020年最初の基調講演であるSamsungとLGのプレスカンファレンスについて紹介していきます。彼らは、積極的にテクノロジーを取り込んだ新たなプロダクトをCESでお披露目しました。AI、5Gそして新興技術の導入に貪欲な両社の取り組みに触れることができるセッションでした。

しかし両社が共通して訴求していたのは、AIでも5Gでもその他の新興技術でもありません。人間を中心とする考え方、そして“体験”についてが、両社が発した主要なメッセージでした。

その主張とは地球そして地域が抱える課題や人々の価値について洞察したうえで提供されるプロダクトやサービス、技術は“体験”が主要な価値であるというもの。そして、その体験の背後にあるのがストーリーでした。優れたストーリーテリングが彼らのプロダクトの価値を高め、イノベーションを起こす企業であるというブランドイメージを決定づけているように感じました。

体験の時代を標榜するSamsung、人間中心に新たな解釈

CES2020最初の基調講演には、Samsung Electronics CEOのKim氏が登壇。Kim氏は「新しい価値ある体験をつくっていく。そして“体験の時代”において、次の10年のリーダーシップを取っていく」と宣言しました。また、新しい価値ある体験を実現するためには人間を中心に据えることが重要であるというメッセージも発していました。

基調講演に登壇した、Samsung ElectronicsのPresident CEO Hyun-Suk Kim氏。Samsungは人間中心に立脚し、次の10年に新しい体験価値を提供するのだと宣言した。

Samsungは人間中心主義の再考、さらに新たな解釈を加えることを提唱。テクノロジー、特にAIを人間中心に取り込むことで、新しい体験価値を、プロダクトを通じて提供できるという。

世界の7拠点に人工知能の研究センターを設立して、AIに大規模に投資をしている。

次ページ 「新しいSamsungのロボットビジョンを体現する“Ballie”が発表に」へ続く

Follow Us