コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

照英ブランドの金魚をつくりたい(ゲスト:照英)【後編】

share

【前回コラム】「ベルフェイスのCMで披露「ヒラメ筋」のために撮影3カ月前からトレーニング!(ゲスト:照英)【前編】」はこちら

今週のゲストは、先週に引き続き、俳優・タレントの照英さん。今回は最近ハマっているという金魚飼育の話から、『世界ウルルン滞在記』(MBS・TBS系)でのウルルン話、芸能界に入ったきっかけまでじっくりと伺いました。

今回の登場人物紹介

左から、照英、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)

※本記事は11月24日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

「照英金魚」をつくるのが夢!

照英:金魚飼育にはまってまして。はまり始めて7~8年なんですけど。もともと釣りも好きで、釣りから魚が好きってなって、熱帯魚を飼ってたんですよ。アロワナとかピラニアとか。いろんな種類を飼ってきたんですけど、熱帯魚が死んじゃったときに、たまたま名古屋で旅番組やっていて。愛知県の弥富市ってところが金魚の三大産地なんですって。

それで、愛知の弥富市をロケで歩いてるときに、田植えの時期じゃないのに水田がすごい広がってたんですよ。「なんだろう、この家飛び込みで話聞きに行ってみよう」って行ったら、「ここ畑じゃないよ」と。「金魚畑っていって、金魚養殖してるんだよ」って。「何の金魚ですか?金魚すくいのですかって?」って聞いたら、「いやいやそうじゃないよ」と。

ちょっとマニアックなんだけど、「らんちゅう」っていう金魚で。みなさんも聞いたことがあるかもしれないですけど、頭がぼこぼこしていて、パンチパーマがかかっているみたいな。いくらが乗っかったみたいな金魚なんですけど、それを養殖してる有名な養魚場だったんですよ。それで「これだよ」って触らせてくれたんです。それが手のひらくらいの大きさになっているらんちゅうだったんですよ。「気持ち悪いな~!なんなんですかこれ~!」って(笑)。

中村:ははは!

照英:ちょっと失礼なんだけど言ってしまって(笑)。

権八:有名な養魚場に毒を吐く、ていう(笑)。

照英:ロケが終わって、なんか余韻を引きずってしまったんです。家に帰ってから「ちょっと待って、あの金魚飼ってみたい!」っていう気持ちがふつふつとわきあがってきて、ロケした養魚場に電話入れました。プライベートで。「あの、すいません、先ほどはありがとうございました。勉強になりました」と。

中村:気持ち悪いって言っちゃったけど(笑)。

照英:言っちゃったんですけど(笑)。「実は、ちょっとあれから飼ってみたいなっていう気持ちがわいてきまして。熱帯魚飼ってたんですけど、金魚の飼育をはじめてみてもいいですか?」って連絡入れたんですよ。そしたら「えっ、そんな興味あるんだったら、送りますよ」って言ってくださったんです。有名な養魚場の「深見養魚場」っていうところなんですけど。深見さんが送ってくれたのがスタートなんですよ。

そこから家で繁殖させて、卵を産み、2000匹くらいに増えたんです。それで、185リットルって……このテーブルより少し小さいぐらいの、横1メートル20センチ、縦が60センチぐらいのかなりでかいFRP防水の池を2つ用意しまして。そこでいわゆる養殖みたいなのを始めたのがここ2年ぐらいのことです。

ただ、2018年にちょっとネットニュースになっちゃったぐらいの事件がありまして……。育ててた金魚500匹ぐらいが、害獣のハクビシンかアライグマか、タヌキに食べられちゃったんですよ。

中村:ええ!照英家に忍び込んだってこと?

照英:忍び込んで、食べられちゃって。それが分かったのが、ツメでひっかいた跡がすごいあるっていうのと、げんこつ大ぐらいに大きく育ててた金魚が、ぶわ~って散らばってて。おなかだけ食べられた残骸が。

中村:これは笑っちゃいけないけど……(笑)。

照英:悲しむところですからね!それはもうすごい数の。

中村:その真ん中で、立ち尽くす照英さんを想像すると……。もうね、笑っちゃう(笑)。

権八:号泣してるわけでしょ。

照英:号泣どころか、泣く余裕がない。「照英、内股」ですよ(笑)!家族呼びにいって「大変だ!来てくれー!」「こんなんなっちゃったよ~!どうしよう!」って。それで500匹いたところから残ったのが30匹ぐらい。しかも1番ちっちゃい稚魚だけ。だからまたゼロからスタートして、夢中で育て中です。

2020年に、もう50回以上開催されているんですけど、「素人金魚名人戦」っていうのがあるんですよ。素人さんが、自分の可愛がっている金魚をコンテストに出すっていう大会なんです。2020年、趣味としての目標が「素人金魚名人戦で、日本一を狙う」っていう。これを今、狙ってます!

中村:やり投げにつづいて!

照英:はい!「どこまでいけるんだろうか」と。「金魚道を貫いていった先、『照英金魚』っていうのをつくれたらどんな風になるんだろう」って思って。

権八:「照英金魚」って、ヒラメ筋が発達してるんだろうね(笑)。筋骨隆々の金魚(笑)。

中村:ありそうですけどね(笑)。金魚屋さんに行ったら「これ照英っていうブランドだよ」って紹介される。

照英:おお!そんなことが現実にあったらうれしい!目指してみたいですね、認めてもらえるのであれば。……って、権八さん引いてるじゃないですか(笑)。

権八:いやいや。やっぱり、のめりこんで話す感じがすごい。あ!金魚にのめりこんでる間に、澤本さんがいらっしゃってます。

照英:初めまして!よろしくお願いします!

澤本:はい、よろしくお願いします。

照英:すみません、自分、しゃべりすぎちゃって。

澤本:ずっとブースの外いたんですけど、ずっと金魚の話してるから入ってこれなくなっちゃった(笑)。

照英:すみません(笑)!ちょっと今夢中になってる趣味でございまして……。

次ページ「「ウルルン滞在記」での号泣姿」へ続く

Follow Us