10年分のバレンタインキャンペーンを振り返り!【ステイホーム応援企画】

share

バレンタインデーまであと1カ月。そこで本記事では、「ステイホーム応援企画」として10年前にさかのぼり、2011年~2020年に「AdverTImes.」に掲載されたバレンタインプロモーションに関する事例をまとめて紹介します。

毎年、ゴディバ ジャパンや「ブラックサンダー」(有楽製菓)の取り組みが話題になりますが、皆さんは印象に残っているキャンペーン、ありますか?

日本のバレンタインギフトといえばチョコレート。時代とともに「義理チョコ」「友チョコ」「自分チョコ」など、販促トレンドも変化してきた。

【2011年】

日比谷花壇 「ラブクォーター」キャンペーン

1月~3月を「男性から女性に花で想いを伝える3カ月」として花の購入を呼びかけた。

詳細はこちら
 

【2013年】

ゴディバ ジャパン「GODIVA LOVE & HUG プロジェクト」

会場に用意したチョコレートカラーの「ハグ・ドール」(等身大ジェントルマンフィギュア)にハグしてもうことで、愛のパワーを測定し数値化。

詳細はこちら
 

ブラックサンダー「一目で義理とわかるチョコ」

ブラックサンダーが「義理チョコ」としての訴求を強化した年。交通広告で「義理チョコ」の文化に改めてスポットを当てた。

詳細はこちら
 

富士急ハイランド「フジQバレンタイン 告白大作戦」

「どんな告白を、誰にしたいか」を書いてメールで応募すると、当選者3人の告白の実現を応援するというもの。

詳細はこちら
 

【2014年】

東急グループ・明治「SHIBUYA de バレンタイン」

渋谷の人々に、特別なチョコレートの楽しみ方と様々な愛を伝えるイベント。チョコレートのハチ公像も登場。

詳細はこちら
 

ゴディバ ジャパン「GODIVA Wink & Smile プロジェクト」

モニターの前に立って「ウインク」や「スマイル」といった動作で単語を選択することで、オリジナルメッセージが生成できる企画。

詳細はこちら
 

ジーユー「バレンタインにGUを贈ろう!」

バレンタイン用ギフトバッグとシールを無料で提供したほか、割引クーポンが当たるアプリ内企画やイベントなどを実施。

詳細はこちら
 

ブラックサンダー「義理チョコショップ」

東京駅に、義理チョコ文化の普及をコンセプトとした「義理チョコショップ」をオープン。

詳細はこちら
 

夢展望「彼をきゅんっとさせるセツナバレンタインコーデ」

女性ボーカルグループ「Ready Candy Camp」とのコラボで、twitter投票によるバレンタイン勝負服対決を実施。

詳細はこちら
 

次ページ 「【2015年】」へ続く

Follow Us