メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×
コラム

すきま時間でちょこっと演習『プロジェクトドリル』

プロジェクトドリル4問目「昆虫に花粉を運んでもらうための状態を定義せよ」(自然界からの出題)

share

自身のプロジェクトにとっての「成功」を定義する

世の中の不思議なことの一つに、「成功事例を真似ても成功しない」というものがあります。成功事例を紹介する書籍やWebサイトには、成功するために導入したツールや採用した手法、受けた支援といった情報が記載されています。それを見て、自身のプロジェクトにも取り入れるというケースは後を絶ちませんが、それで成功したという話はあまり聞きません。

前回のドリルでは「要素と状態の見落とし」をテーマにしましたが、今回は「自身のプロジェクトにとって最適な状態を定義する」ことの大事さを体験するドリルに取り組んでみましょう。

プロジェクトドリル 4問目「昆虫に花粉を運んでもらうための状態を定義せよ」 難易度★☆☆

今回は自然界の生物をテーマに出題します。花が子孫を残していくためには、甘い蜜をエサにして昆虫を呼び寄せ、花粉を別の花に運んでもらって受粉させなければなりません。花には色々な種類がありますが、子孫を残すための勝利条件は「自分の望む昆虫に花粉を運んでもらうこと」です。みなさんにはタンポポとホトケノザの2種類の花の立場になってもらい、自らの勝利条件を実現するために必要な状態を定義してください。

写真 イメージ タンポポとホトケノザ
写真 イメージ タンポポとホトケノザ
タンポポとホトケノザ

ドリルの回答方法を説明します。要素と状態はプ譜の中間目的に該当することは前回のドリルで解説しました。タンポポの勝利条件は「アブに運んでもらっている」ことで、ホトケノザは「ハチに運んでもらっている」ことです。この勝利条件を実現するために、「花の奥ゆき」「花びらの形」「花の色」「咲く場所」の4つの要素があります。「花の奥ゆき」は昆虫を誘うための蜜の在処でもあります。


写真 イメージ ドリルの回答方法


写真 イメージ ドリルの回答方法
Bernard DUPONT from FRANCE, CC BY-SA 2.0, via Wikimedia Commons

この4つの要素の「あるべき状態」を、下図のアブとハチの特徴比較表と、それぞれの花の写真をよく観察して、状態リストから選んでください。ここに記載した情報でよくわからなければ、インターネットや書籍で調べても大丈夫です。また、プ譜の競合の存在にも注意しましょう。同じ黄色い花だからといって、タンポポの花粉が菜の花に運ばれても種子はできません。


写真 イメージ アブとハチの特徴比較表


写真 イメージ アブとハチの特徴比較表

解説

花の色はアブ・ハチの好みを記載しているので簡単ですね。タンポポの咲く場所はどうでしょうか?アブは知能が低いため、同じ黄色い花でも種類の異なる花に花粉を運んでしまう可能性が高いです。またアブの飛翔能力は低いため、できるだけ密集して咲いていたほうが、間違って他の花に花粉を運んでしまうリスクを低くすることができます。

ホトケノザの咲く場所はどうでしょう?ハチは飛翔能力が高く遠くまで飛ぶことができるので、「離れて咲いている」という状態でも大丈夫です。ハチは自分のためだけでなく、女王蜂をはじめとする家族のためにも蜜を運ぶため、あちこちの花を飛び回って蜜を集めます。植物はそれだけ多くの花粉を運んでもらうことができます。そのためホトケノザは花の形を細長く、奥ゆきを深くすることで、ハチ以外の大きな昆虫を入りづらくさせています。これに比べてタンポポは蜜の在処までの奥ゆきが浅く、花びらも密集しているので、大きな昆虫であっても容易に蜜を得ることができます。

(※筆者注:タンポポの花びらは、正確には1つ1つの小さな花で、それらがたくさん集まって、1つの花のように見えています)


写真 イメージ ドリルの回答方法


写真 イメージ ドリルの回答方法
Bernard DUPONT from FRANCE, CC BY-SA 2.0, via Wikimedia Commons

要素には共通のプリセット(標準的な要素)がありますが、外側の要素は同じでも内側の状態がまったく同じということはありません。

成功事例を真似てもうまくいかない理由はここにあります。成功事例に書かれているのと同じツールや手法といった「施策」を用いてもうまくいかないのは、その施策を用いて実現したい要素の状態が、自社の勝利条件にとって「あるべき状態」になっていないからです。世の中の成功事例コンテンツには、「したこと(施策)」と「要素」は書かれていますが、「状態」について書かれたものは多くありません。成功事例を参考にするときは、表に出ている情報を鵜呑みにせず、言語化されていない状態を推測して、それが自身のプロジェクトにも適用できるのかを検討する必要があるのです。

第1回のドリルでは勝利条件によってプロジェクトの仮説・計画はガラリと変わることを説明しましたが、このドリルによってより実感していただけたのではないかと思います。

 

まとめ

  • ✓同じ要素であっても、勝利条件や条件によって「あるべき状態」は異なる
  • ✓要素だけを真似るのではなく、自分のプロジェクトに合った状態を定義せよ

 

このドリルで参照した書籍・Webコンテンツ

『雑草はなぜそこに生えているのか』 (ちくまプリマー新書)

advertimes_endmark
写真 書影 『雑草はなぜそこに生えているのか』

 

『プ譜』についての詳細はこちら

『予定通り進まないプロジェクトの進め方』 (前田考歩・後藤洋平著)

ルーティンではない仕事はすべて「プロジェクト」である――独自のフレームワーク「プ譜」を使って、プロジェクトの状況や諸要素の関係性を構造化し、成功に導くための方法を解説。プロジェクトの全体像を俯瞰し、進行の技術を身につけるための実践書。

「プ譜」の解説動画はこちら

 

【書店選書イベントのご案内】

ブックファースト新宿店で、前田考歩さん選書のブックフェアを開催!

「お仕事の具合はいかがですか?症状に併せて処方箋をお出しする”#プロジェクト薬局”へようこそ」フェア

ブックファースト新宿店(新宿区西新宿1-7-3モード学園コクーンタワー地下1階)にて、プロジェクトの進行に役立つ参考書籍200冊を展示。2月16日(金)まで開催中。ぜひお立ち寄りください。

本コラムと連動したリアルセミナーも2月9日開催!詳しくはこちら