メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×
コラム

キャリアアップナビ

デザイナーのゴールは「デザインをすること」ではない

share

最近注目の「タレントマネジメントシステム」とは、従業員のスキルや経験といった情報を一元管理し人事戦略に活かしていくシステムのこと。適材適所の人材配置や育成、評価に役立てようと、導入する企業が増えつつあります。中でも高いシェアを誇るのが「カオナビ」です。タレントの香取慎吾さんが出演したコミカルなテレビCMが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

そんなカオナビで、クリエイティブディレクターを務める長谷川亮(はせがわりょう)さん。佐藤可士和氏、永井一史氏といった広告クリエイティブの巨匠に師事した後、国内外の広告会社でクリエイティブディレクターを務め、2021年にカオナビに入社しました。サントリー伊右衛門をはじめ、数多くの有名ブランドの広告を手掛けた経験を持ちながら、事業会社のインハウスデザイナーという道を歩み始めた長谷川さんが、今思うことは。

【前回はこちら】流動するクリエイター市場 視野が狭ければ可能性まで狭めてしまう

 

カオナビは「完成されていない組織」だから良かった

──広告業界から事業会社への転職を決意した時、マスメディアンにご相談いただき、カオナビへの転職を支援させていただきました。まずはその時のお話をお聞きしたいのですが、ご自身が好きなブランドや、なじみがある商品を扱う企業に行きたいとは思わなかったのですか?

思いました。興味がある企業には会いましたし、転職を決めるギリギリまで迷っていました。でも、社会をつくっていくのは往々にして企業や組織です。一つひとつの企業が強くなれば、社会をダイナミックに変えられると思って、企業のビジネスを支援するBtoBの道を選びました。

写真 人物 個人 長谷川亮
カオナビ
コミュニケーションデザイン室Head of Creative
長谷川亮 氏

バンタンデザイン研究所に在学中、佐藤可士和氏率いるSAMURAIで学生インターンを経験。卒業後はHAKUHODO DESIGNに入社し、アートディレクター永井一史氏に師事。ブランディングエージェンシーSIMONE、外資系広告会社グレイワールドワイド、アサツーディ・ケイ(分社後はADKクリエイティブ・ワン)を経て、2021年にカオナビ入社。2023年より現職。

──カオナビのどんなところに惹かれたのでしょうか?

1つはパーパスですね。「“はたらく”にテクノロジーを実装し個の力から社会の仕様を変える」という未来軸で語られるパーパスに共感しました。日本の人口は減少の一途をたどっています。この先、個の力を引き出して、効果的に発揮することが大事な世界になっていく。カオナビの活動を通じて、企業のなかの個が変わったら、社会に対してすごく大きなインパクトを出せるなと思いました。

もう1つは、「完成されていない組織」だったからです。誤解を招きそうな表現ですが…(笑)、何が言いたいのかというと、僕は事業会社でBX(ブランドエクスペリエンス)をつくることに興味があったので、それが実現できる企業に入りたいと思っていました。カオナビは上場して第二創業期を迎えたタイミングでしたから、組織にもブランドにも余白が多く、ゼロベースでアイデアを出せると思いました。経営陣もクリエイティブの力に期待してくれている印象を受けましたし、うってつけだったんです。

──「BXデザイナー兼アートディレクター」として入社したと伺いました。国内外の広告会社でクリエイティブディレクターを務めた経歴をお持ちですが、カオナビではクリエイティブチームをまとめるポジションからのスタートではなかったのですね。

事業会社で働くのは初めてだったので、いきなり組織を束ねる立場に就くのは難しいと自分でも思っていました。当時は、自分でBXを経験することの方が大事でしたね。

──思い描いたようにBXに携われましたか?

それはもう、息つく暇もなく(笑)。僕が入社したとき、ちょうどカオナビのリブランディングが動き始めていて、すでにパーパスやロゴが出来ていました。それを社内外に浸透させていくためのリブランディング推進チームが立ち上がり、そのリーダーに抜擢されました。

──入社してすぐにですか?

そうですね、まだオンボーディングの期間でしたが、このプロジェクトを通じて自社理解が深まったように思います。リブランディングは超重大プロジェクトではありましたが、広告会社のクリエイティブディレクターとして培ってきた経営陣と対等に渡り合う力や発想力、実行力を発揮して成功させることができました。この経験で自信がついたんでしょうね。あっという間に会社になじめました。

 

人をマネジメントするより、企画を1つでも多く

──2023年からは、Head of Creativeとしてチームを率いています。

カオナビのデザイン組織は3つあります。ブランドデザインチーム、プロダクトデザインチーム、マーケティングデザインチームです。各チームはその役割にふさわしい部署に設置されていて、僕がリーダーを務めるブランドデザインチームはコミュニケーションデザイン室の中にあります。コミュニケーションデザイン室は、ブランドデザインチームと広報チームからなる部署。その役割は「全てのステークホルダーにファンを作ることをミッションに掲げ、カオナビブランドの思想を具現化すること」です。

ブランドデザインチームは6人のチームで、クリエイティブディレクターである僕、そしてプランナー、コピーライター、アートディレクター、制作ディレクターが在籍しています。つまり小さなクリエイティブブティックのように、プランニングから実行までトータルでできる組織です。

ただ、僕はこのチームのリーダーですが、実はメンバーの評価はしていないんですよ。

──どういうことでしょうか?

自分がクリエイティブディレクターとして価値を発揮できるポイントは、メンバーのマネジメントよりも、企画力や推進力だと思っているんです。メンバーも経験と実績を積んできた人たちですから、みんな自走していますしね。会社として必要な人事評価はコミュニケーションデザイン室長でもある執行役員に預け、僕はクリエイティブの仕事に時間を使っています。

──すごい。キャリアコンサルタントの仕事をしていると、クリエイターが事業会社に入った後、管理業務が忙しくてクリエイティブに没頭できないという話も耳にします。カオナビは、長谷川さんのスペシャリティを最大限活かせる組織になっているのですね。

わがままを言って、執行役員やいろんな人に迷惑をかけているので、あまり堂々と言える話ではありませんが…。ヘッドという肩書がある方が、社内外に対して影響力を持てる。でも、リソースはできる限り企画に使いたい。そういう僕の考えを会社が理解してくれて、このような形になっています。

──長谷川さんのチームは、どのようなプロジェクトにかかわるのですか?

「デザイン」を広くとらえ、社内のさまざまな課題にアプローチしています。コーポレートブランディングをはじめ、インナーブランディングや新規事業のブランディングに取り組んでいます。他のデザインチームと連携して、テレビCMやDM、営業ツールのコピーをつくることもありますし、ユニークなものでは、全社総会や部活動などの社内コミュニケーション施策、自社オリジナルの研修などもデザインします。

──「経営陣がクリエイティブに期待している」というお話が出ました。そういったアプローチを会社が長谷川さんに求めたのでしょうか?

というよりは、自分たちがやるべきだと思ったことを提案しています。もちろん、トップダウンでオーダーがくることもありますが。また、「こういうことをやりたいんだけど、どうしたらいいと思う?」と、ふわっと相談されることもあります。最近は重要プロジェクトが動くときは僕らがアサインされるようになってきました。切り札のように使ってもらえています。

──長谷川さんの企画書は図解もユニークですし、すごくわかりやすいと感じます。自主的な提案も多いとのことですが、経営陣に納得してもらうために、試行錯誤されたのでしょうか。

せっかく生み出したアイデアを、意図を理解されずに捨てられるのがイヤなんです。だから、一発でわかってもらうために、相手が知識ゼロでも100パーセント伝わるように資料を設計しないといけないなと。伝わらないのは、伝える側の問題だと僕は思います。「伝わってくれ!」じゃなくて、受け取り手のことを考えて、伝えにいかなくちゃいけない。

そう思うようになったのは、外資広告会社でグローバルの仕事をしていたときでした。クライアントのなかで企画書が独り歩きすることがすごく多くて。僕たちが直接、企画を説明した担当者はその良さを理解してくれたのに、企画書だけを見たその上司や経営層にはじかれてしまい、悔しい思いをしたことが何度かありました。

だから、伝える努力には、これからもちゃんと汗をかいていこうと思っています。

それに、僕が20代のころに師事していたアートディレクターの永井一史さんに言われていたんです。「いいデザインをつくるのは当たり前だ。それを人々に届けて、興味をもってもらうところまでを設計できるデザイナーになろう」と。

──そのためにはどんなスキルが必要でしょうか。

キャリアについて考えるとき、適性をスペシャリストとゼネラリストに分けて考えることがあります。クリエイターは多くの場合、スペシャリストに分類される。でも、商業クリエイターは、両方の特性を持っているべきだと思います。

商業クリエイターこそ良いモノをつくるには広い知見が必要ですし、チームで制作をしますから、コミュニケーション能力が欠かせません。推進力、決断力がないとプロジェクトは頓挫してしまう。デザインを細部まで突き詰める、一種の近視眼的に見る力と、組織やプロジェクト、社会という大局を見る力をうまく使い分けながらやっていく。「ゼネラリストマインドをもったスペシャリスト」こそ、今求められる商業クリエイター像だと思います。永井さんが言っていた「デザインすることがゴールではない」という意味が、ここへ来てすごくよくわかったような気がするんです。

──最近は、クリエイティブのインハウス化が進み、広告業界から事業会社へ活躍の場を移すクリエイターも増えています。その一人である長谷川さんが、水を得た魚のように生き生きとクリエイティブに取り組めているのは、まさに、ゼネラリストマインドを持ち合わせているからだったのですね。本日は貴重なお話をありがとうございました。

advertimes_endmark

マーケティング・クリエイティブの転職についてのご相談はこちら

ロゴ マスメディアン

「キャリアアップナビ」バックナンバーはこちら

荒川 直哉
マスメディアン 取締役
国家資格キャリアコンサルタント

マーケティング・クリエイティブ職専門のキャリアコンサルタント。累計4000名を超える方の転職を支援する一方で、大手事業会社や広告会社、広告制作会社、IT企業、コンサル企業への採用コンサルティングを行う。転職希望者と採用企業の両方の動向を把握しているエキスパートとして、キャリアコンサルティング部門の責任者を務める。「転職者の親身になる」がモットー。