デジタルマーケティングで切り開くシニア市場の未来と機会

近年、シニア層の嗜好は多様化しており、様々な「嗜好に合わせた」アプローチを行っていく必要があります。

また、コロナ禍の影響により、人との接触を避ける手段としてテレビ電話やチャットツールなどによるイベント鑑賞などが急速にシニア層で普及しそれによって、スマホがシニア世代に急速に広がり、2021時点では60代のスマホ所有率は80%に上ります。

そのため、今後のシニアマーケティングでは、従来の新聞やテレビCMといったマス広告ではなく、デジタルマーケティングへのシフトが重要なカギを握っています。しかし、シニア市場でのデジタルマーケティングを活用した事例はまだ少なく、デジタルマーケティングがシニア市場で本当に効果的なのか、またシニア市場ではどの広告媒体を選定すればよいのか分からないという企業様が多いでしょう。

そこでこのホワイトペーパーでは、シニア市場におけるデジタルマーケティングを活用した場合のメリットや、シニア市場に最適なマーケティング手法をご紹介していきます。

 

資料について

対象 ・シニア向け商品・サービスのマーケター
・一般消費を新たなシニア層に売り込みたいと考えているマーケター
資料名 デジタルマーケティングで切り開くシニア市場の未来と機会
企業名 らくらくコミュニティ運営事務局(Omelette株式会社)
企業URL https://senior-marketing.digital/
問い合わせ先 TEL:03-6869-0127
FAX:03-6893-3931
Mail:rakuraku@omelette.jp

タイアップ