コラム

若手起業家、世界一周へ

インドで静かに動きだす味噌汁。

share

前回のコラムに少し関連するのですが、
僕がインド南部にあるバンガロールに滞在していた時の話になります。
(ちなみにバンガロールはインドのシリコンバレーと呼ばれるIT産業都市です)

友人が留学中のバンガロールの大学にて学園祭があるということで、お邪魔してきたのです。
メインステージではネパール人による民族舞踊や、アフガニスタン人によるファッションショーなど、多彩な催し物が開かれていました……が、僕が最も衝撃を受けたのは大学キャンパスの中庭にいくつかブースが展開されている中に、『MISO SOUP』という文字を見つけた時でした。

バンガロールの大学の学園祭でMiso Soupを提供

バンガロールの大学の学園祭でMiso Soupを提供

『SUSHI』や『TEMPURA』『TERIYAKI』などは旅中に目にしてきましたが、『MISO SOUP』を大々的に謳うところを見かけることはありませんでした。
まさかここ、インドでみることになるとは・・・しかも学園祭のブースで・・・

彼らは学園祭の中でサンプリングブースのようなものを展開していました。
通常よりも安い価格で、来場者にMISO SOUPを飲んでもらって、顧客として取り込もうという算段でしょうか。
驚いたことに、このMISO SOUP、日本企業は関係なくて、Amalgam というインド企業が独自に開発製造しているものだそうです。

ここで彼らがMISO SOUPを売り込むキャッチフレーズに使っているのが、
『Delicious And Ridiculously Healthy.(おいしくて、とてつもなく健康になる!)』でした。

彼らは味噌の特徴をこのように説明しています。

Miso(味噌)の特長をうたう看板

Miso(味噌)の特長をうたう看板

  • Prevent Stomach Ulcer(胃潰瘍予防効果)
  • Detoxification(解毒orアルコール依存への治療効果)
  • Prevent Cancer(ガン予防効果)
  • Promote Digestion(消化促進効果)
  • Protect from harmful effects of Tobacco(煙草の害から守る効果)
  • Anti-aging(アンチエイジング効果)

えぇと…。
なんだか僕ら日本人が当たり前のように日々頂いている味噌汁が、
とてつもなく偉大なアイテムにみえてきましたね…!(笑)

きっとこのMISO SOUPを発売したインド企業は、
日本が世界長寿大国(健康大国)であるというブランド力を武器に、MISO SOUPをインドで広めようとしているのだと思います。ちなみにインスタント味噌汁なのですが、1杯40ルピーですので、日本円にして約60円。
インドでは決して気軽に手にできる価格帯ではありません。インドの中上流階層を狙っているのでしょう。
僕は実際に試食してみましたが、これが日本人の僕でも美味しく頂けました!
わかる人にしかわかりませんが、僕が飲んだクラシック・ミソスープの味は吉野家の味噌汁に近いものがありましたね。

お湯を注いでつくる

味はなかなか

本来は日本の味噌メーカーなどが積極的に海外での味噌普及に取り組んでいくべきところだと思いますが、インドでは先手を取られましたね…。
とはいえ、まだまだ味噌自体は世界的にはSUSHIほどには知名度はありません。
日本の健康ブランド力を武器に、世界展開も狙っていけるのではないでしょうか?
インドでその一例を垣間見ましたので、皆さんに共有でした。

太田英基「若手起業家、世界一周へ」バックナンバー

もっと読む

Follow Us