パイプドビッツが「オムニチャネル実践研究所」を設立、顧客と成功事例をつくる

share

パイプドビッツは、6月1日付で「オムニチャネル実践研究所」を設立すると発表した。

設立の背景には、O2Oやオムニチャネルの取組が登場しているものの、有識者やリソースの不足などにより、実践できない企業も多数存在すること。また、そうした取り組みをすでに行っている企業でも、成功事例がまだまだ少なく、成果をあげているのかを測定するのが難しいことがある。

そこで、同社が研究所を立ち上げ、これまでのソリューション提供のノウハウを活かしながら顧客とともにオムニチャネル施策を実践、検証し、顧客拡大、購買促進を目指していく。

今後、オムニチャネル化による優位性を掲げ、企業のサポートを実践的に担いながら、オムニチャネル課題解消の研究を進め、顧客とともに成功事例をつくっていく。

将来的には、オムニチャネル実践研究所の実績データから、指標や手順を公開し、幅広い業界でのオムニチャネル化を促進していきたいという。

Follow Us