佐藤オオキ氏、7&iオムニ施策のクリエイティブディレクターに

share

デザイナーの佐藤オオキ氏(nendo代表)が、セブン&アイ・ホールディングスが11月1日にオープンするグループ横断型のEコマースサイト「omni7(オムニセブン)」のクリエイティブディレクターに就いた。「オムニセブン」のロゴやWebサイト、注文を受けた商品の梱包材をデザイン、監修した。佐藤氏は、10月に発売する「ジャンポール・ゴルチエ」ブランドとセブン&アイが共同企画した商品の売り場デザインも手がける。

佐藤オオキ氏が手がけた、セブン&アイ・ホールディングス横断の通販サイト「omni7(オムニセブン)」のイメージ。オープンは11月1日。

「オムニセブン」では、セブン-イレブンやイトーヨーカ堂、そごう・西武、ロフトといった傘下企業が扱う商品を横断的に集め、販売する。注文した商品は宅配のほか、全国約1万8000店のセブン-イレブン店頭でも受け取れるようにする。1都6県の7000店では開始時から即日配送や365日配送も行う予定。店頭端末からの注文も受け付ける。佐藤オオキ氏が、オムニチャネル施策にかかわる店頭のデザインに携わるかは未定という。

イトーヨーカ堂やそごう・西武、ロフトなどで扱う商品を「オムニセブン」で注文し、セブンイレブン店頭で受け取れるようにする。店頭には専用端末を用意し、店員が“御用聞き”のように注文を受ける計画もある(写真提供:Shutterstock.com)

取扱商品は、プライベートブランド(自主企画商品)を中心に、2018年度までに約600万点を揃える。セブン&アイグループの14年度のEコマース売上高は1600億円で、同年のグループ売上の約1.6%。オムニチャネル施策で18年度までに年間売上高1兆円を目指す。


「佐藤オオキさん」に関連する記事はこちら
「セブン&アイ・ホールディングス」に関連する記事はこちら

Follow Us