メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×
コラム

ビデオコミュニケーションの21世紀〜テレビとネットは交錯せよ!〜

動画広告はうまく置かないとユーザーを不愉快にさせる。そこをクリアしたC CHANNELの発明

share

【前回】「テレビとネットの融合を訴えてきたけど、むしろひっつきすぎて不安になってきた件」はこちら

画像提供:shutterstock

動画広告が不愉快なのはなぜか?

最近、動画広告が盛り上がっているようです。盛り上がってるぞ、というデータや記事がもりもり出てきているので、確かめたい方は適当にググってもらえればと思います。どんどん出てくると思います。

でも、そんなに調べたりしなくても、そもそもネットをぼーっと見てると動画広告によく遭遇しますよね。前よりずっと、接する頻度が上がっている。それこそが、盛り上がっている証でしょう。

ただ、動画広告は時に、非常に不愉快です。

Facebookにわりとよく流れてくるメディアがあり、ちょっと気に入っているコラムニストがそこで書いてたりします。ああ、また新しいコラムだ、とそれなりの積極的な気持ちで記事を読みはじめると、画面の上からびろーんと枠がせり出してきて視界を大きく占拠し、「なんだこれ?」と思ったら動画広告でした。

ものすごく不愉快になり、そのコラムのページそっくりそのまま閉じてしまいました。もちろんページそのまま閉じなくても、広告枠にクローズボタンがついているのはわかりましたよ。でもそういう問題じゃない。広告枠の無神経さに腹が立ち、そのメディアへの信頼も極端に下がりました。次にそのコラムニストの新しい記事を見つけても、開くのに躊躇してしまう。

つまりその動画広告枠は、広告を私に見せることに失敗しただけでなく、私とそのメディア、そのコラムシリーズとの間のエンゲージメントを瞬時にぶった切ったわけです。ほんとうにやめてほしい。私はそのコラムニストにイヤな気持ちを持ちたくなかったのに、持ってしまったことが悲しい。私にコラムニストへの反感を持たせたその広告枠、そしてそんな広告枠を許したそのメディアをはっきり憎みます。

憎むだなんてそんなに大袈裟に考えなくてもと思うかもしれないけど、それくらい作用が大きいのです。

そこまでじゃなくても、無雑作な動画広告枠には、ほんとうにがっかりします。よくあるのが、記事を読んでいるとページの下のほうに動画広告がひっついて置かれていること。その程度なら記事を読む邪魔になるわけではないので憎みはしませんが、がっかりはします。

こんな動画広告枠を作っちゃって、バッカじゃないの?そんな気持ちにはなります。「浅はかだなあ、ふん!」と鼻で笑いたくなります。

ただ、ふん!と鼻をならしながら、あれえー?と気づきます。無理やり見せるのでなく、ページの下に置いてあるのもダメなわけだ。そうすると、動画広告はどこに置けばいいのか。どうすればいいのか。

次ページ 「動画広告はCMやバナーと違うと認識すべし」へ続く

Follow Us