メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×
コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

姉と妹の確執が明らかに!?美人双子アイドルが語る「双子のリアル」(ゲスト:Mika+Rikaさん)【後編】

share

【前回コラム】「肖像権を放棄したアイドル。写真も動画もフリーで使用OK、その理由は?(ゲスト:Mika+Rikaさん)【前編】」はこちら

先週に引き続き、「フリー素材アイドル」のMika+Rikaがゲスト。「子ども時代は姉である私のほうが大変だった」と語るMika。それに対するRikaの反撃は?

今回の登場人物紹介

左から、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、Mika+Rika、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は9月17日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

双子で得したこと、損したこと

澤本:双子で得したことはありますか?

Rika:得も損ありますね。得したことを言うと、2人だからよく覚えてもらえることなどがあります。結構損もあって、1人がミスると、「あの双子は・・・」って一緒に見られたり。あと、モテないです。

中村:え、本当? めちゃくちゃモテそうだけど。

Rika:2人だから「独特の世界観がある」と言って、誰も近寄ってきてくれないみたいな。

澤本:いつも2人でいるからじゃなくて?

Rika:2人でいるからもあるし、2人でケンカしちゃったりもして。モテないよね?

Mika:そうだね。双子で最近損したと思ったのは2人で買い物に行ったんですよ。薬局でマスクを探していたけど見つからなくて、私が店員さんに「マスクどこですか?」と聞いたら、「ちょっと確認します」と、店員さんがどこかへ行っちゃって。私は10分ぐらい待ってたんですけど、ふと見たら、Rikaがマスクを手に持ってたんですよ。

一同:

Mika:えっ?と思って。Rikaに「そのマスクどうしたの?」って聞いたら、「店員さんが持ってきてくれた」って。つまり、店員さんが間違えてRikaに言っていて、私の10分は無駄だったと。

Rika:そうそう、店員さんが私にくれたんだよね。

Mika:でしょ? そういうことがよくあるんですよ。私が聞いたのにRikaが得してるっていうことが。

澤本:じゃあRikaさんが得してることが割合的には多い?

Mika:多いよね。

Rika:Mikaが会話でも先導してバーッと言ってくれたり、店員さんに聞いてきてくれたりするので、私は受動的なところが多いですね。あっ、Mikaがやってくれたんだって。

中村:やっぱりMikaさんのほうがお姉ちゃんで。

Mika:そうなんです。めちゃくちゃ姉と妹の差はあります。

Rika:ない、ない、ない!

一同:

Mika:あるって。妹だからわからないんだよ。2人で同じことやって、私のほうが仮にできなかったとすると、「姉なのに妹に負けてるんだね」的な目で見られるんですよ。

Rika:まず、お姉ちゃん、妹って言われながら育ってきてないじゃん。

Mika:いや、言われるって! 小学生のときに2人で遅刻したんですよ。そしたら、Rikaの担任の先生に「お姉ちゃんなんだから、妹を連れて早く来なさい」って私が怒られたり。Rikaはそういう経験なしに悠々と生きちゃってる感じ。モテないのも私のせいにしてるじゃないですか。

一同:

Mika:双子だとモテないみたいな。完全に私がいるからみたいな。

権八:いや、そうは言ってないと思うけど、まぁ(笑)

Rika:でも、Mikaもよく言ってるじゃん。イベントに行くと双子ってモテないんですよ、みたいなことをよくボヤいてるのはMikaですよ。

Mika:やめてくれる、そういうの?

一同:

権八:よくドラマであるじゃない。替え玉で行くみたいな。たとえばデートにお姉ちゃんの代わりに妹が行くとか。そういうのはあるの?

次ページ 「Rikaの友達はお嬢様タイプばかり?」へ続く

Follow Us