コラム

椎木里佳の「JCJKの生態と欲望」研究所

AKB総選挙の結婚宣言から読み解く、イマドキ女子高生の結婚観

share

【前回の記事】「TOKYOFM 森田太×椎木里佳対談「ラジオは非効率だし、予期しない“バグ”がある。それがラジオ広告のパワー」」はこちら

先日の「第9回AKB総選挙」で、結婚を発表したNMB48の須藤凛々花(すどうりりか)さん。

“恋愛禁止”を公言するAKBグループメンバーの結婚という点もさることながら、若干20歳という若さ、しかもお相手の男性が30代ということで話題になりました。

世間一般では「晩婚化」が進む中、10代の間では、むしろ須藤さんのような「早婚」に憧れているようです。

今回はそんな10代のリアルな結婚観・恋愛観について話していこうと思います。

「須藤凛々花は結婚します!」総選挙での結婚発表、女子高生はどう見た?

須藤凛々花さんの結婚発表に、世間では物議を醸しました。
大人たちの反応は、「まだ若いのに結婚して大丈夫?」といったものや「発表する場所を考えるべき」など否定的な意見が多かった印象です。

一方で10代の中で目立った意見としては、「何が悪いの?」といったもの。
「結婚がうらやましい」という、結婚宣言を肯定的に捉える声がTwitterのタイムラインでもかなりの割合を占めていました。

ワイドショーで騒がれていたような「若くして結婚することへの懐疑的な意見」はあまり見られませんでした。

その背景には、いまの女子高生が持つ「結婚への憧れ」が関係していると思います。

もちろん、昔から若い女性が結婚への憧れは一定数ありました。ですが、昨今はSNSによって、また少し違った動きを見せているのです。

次ページ 「結婚はとにかくハッピーなもの!その背景にはSNSの存在が」へ続く

Follow Us