コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

演じる役の人物の「年表」を必ず作っている(ゲスト:松岡茉優)【前編】

share

【前回コラム】「日比谷野音「ブタ音楽祭」のネーミングの理由は?(ゲスト:チャラン・ポ・ランタン)【後編】」はこちら

今回のゲストは、女優の松岡茉優さん。2012年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』に出ていた松岡さんを見て以来、澤本さんはラジオ出演の依頼をしていたそうで、ようやくその日がやってきました。

今回の登場人物紹介

松岡茉優さん

※本記事は3月8日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

澤本さんとは「文通仲間」?

中村:今回も豪華なゲストをお迎えしております。今夜のゲストは女優、松岡茉優さんです。

松岡:やっとうかがうことができました。

中村:初めに澤本さんが「松岡さんいいよ」とおっしゃっていた頃、それこそ映画『桐島、部活やめるってよ』のあたりで、まだ松岡さんは女子高生だったんですって?

松岡:はい、16、17歳だと思います。

権八:そっか。桐島出てたね! はいはい。

澤本:はいはいじゃないよ。あれが最初に僕らが知ったきっかけでしょ。

松岡:その頃から澤本さんが「ぜひラジオに」と言ってくださっていたんですが、ようやく初めてうかがうことができまして。あれから7、8年経ちますかね?

澤本:そんなにラジオやってないですけど、最初に桐島を見て、松岡さんは素晴らしいと思って。

権八:素晴らしかった。これみよがしにチューしたりね。

松岡:はい、しました(笑)。

権八:恥ずかしくて見れない。

中村:チューと重ねないでください(笑)。

松岡:プレイボーイというTシャツを着ながらにそういうことをおっしゃるんですね。

権八:本当はシャイなんですけど。

澤本:これが作戦ですね。

松岡:照れてる男の人、かわいいみたいな。

権八:ははは(笑)。澤本さんとも仲良くて。

松岡:あ、はい。文通友達です。

中村:なんなんだ、これは?

澤本:それこそ6、7年前にCMに出ていただいたんですよ、無理矢理。さほど予算もないものに。

松岡:無理矢理ではないです。初めて私がいいと言って使ってくださった感じがして、すごくうれしかったです。

権八:それは石田えりさんがお母さん役の、セブンイレブンのCM?

松岡:はい。その頃から澤本さんとは文通友達としてマンガを紹介しあったり。二十歳超えてからはお酒を一緒に飲んだり。

中村:なんか俺たち帰ろうかな(笑)。邪魔者みたいだな。

権八:キャリアは長いんですか?

松岡:今年で15年目に突入しました。子役で8歳からやっております。

澤本:そのへんは聞いてもいいものですか?

松岡:はい、15年間、同じ事務所ですし。だからNG時代はゼロです。

権八:よく行くんですよ、事務所さんに。宮﨑あおいさんにお世話になっている関係で。たぶん1回ぐらい見たことある。

松岡:本当ですか? それ私だったかしら。改めまして。

権八:改めまして、権八と申します。

中村:いいな、いちいちいいムードになる(笑)。

次ページ 「映画のタイトル『勝手にふるえてろ』は誰への言葉?」へ続く

Follow Us