5Gによる「eスポーツ」体験 NTTドコモがブース出展

share

NTTドコモは、9月12日~15日に行われる国内最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ2019」に出展し、5G(第5世代移動通信システム)を活用したeスポーツ大会やAR(拡張現実)技術を用いた観戦などのイベントを開催すると発表した。

イベントは、5Gの開始に先立ち、対応端末で同技術を体験してもらうためもの。eスポーツ大会では、ブース内に5G環境を構築し、一部ゲーム参加者が対応スマートフォンで、多人数で同時対戦する。対戦できるのは「ウイニングイレブン 2019」「PUBG」「フォートナイト」の3作。

また、AR観戦ブースでは、対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」による、日本初プロゲーマー・梅原大吾選手と東大卒プロゲーマー・ときど選手の対戦を再現する。ARマーカーにスマートフォンをかざすと、位置情報などが5Gを通じて低遅延でサーバーに送信され、事前に収録した試合を観戦できる。

大きな盛り上がりを見せる「eスポーツ」。8月30日に発売した販促会議10月号では、「eスポーツ」を特集し、さまざまなスポンサー企業に話を聞いています。


詳細・購入はコチラから。

Follow Us