Konel 出村氏ら、仕事の集中時間を確保するアクション「#SAVE thePEAKZONE」を開始

share

クリエイティブカンパニー Konelの代表取締役 出村光世氏ら有志のクリエイターは5月25日、個々人の仕事がはかどる時間を確保するためのプロジェクト「#SAVEthePEAKZONE」を発足した。「ピークゾーン(=1日の中での集中時間帯)」を守ることで、個人のパフォーマンスを上げ、チームの創造性の最大化につなげるねらい。

活動の始まりは、新型コロナの感染が拡大する前、Konelと東急エージェンシーのメンバーで行った懇親会の場だったという。「その中で、どうしたら集中できる時間をうまく生かしていけるのか、という話になりました。たとえば、私が特に集中できるのは午前10時から11時の時間帯。その時間は企画に集中したいところですが、一方で、定例会など打ち合わせが入りやすい時間なんです。そんなジレンマを抱えた仕事仲間の間で、『ピークゾーン』という言葉が生まれました」と、出村さん。

その後コロナ渦で、リモートワークが急伸。「せっかく移動時間が短縮されたにもかかわらず、チャットや打ち合わせで、意図せず集中力が切れてしまうことを経験した方も多いのでは。改めて、自分の時間を自分で確保する重要性に気づかされました」(出村氏)。

社内でのヒアリングやアンケートを経て、多くの人にピークゾーンが存在することを確認。打ち合わせが入りがちな午前中にピークゾーンがある人も多かったという。課題が顕在化したことで、その解決を図る第1歩として、まずは社会に打ち出すアクションをすべく、今回のプロジェクト化に至った。

特設サイトでは、プランナー 佐藤ねじ氏、メディアアーティスト 市原えつこ氏、CHOCOLATE 大原絵理香氏らのピークゾーンも公開している。

公開後、「SNSでも予想以上に共感をいただいており、手ごたえを感じている」と出村氏。現在Slackで「ピークゾーン中」を示すステータス表示を開発中だ。今後はピークゾーンを対外的に示す行動の浸透や、ピークゾーンの精度を上げるためのITベンダーとの協業を目指す。

スタッフリスト

PR
出村光世
C
矢谷暁
企画
山田潤、井倉大輔、佐々木剛哉、三輪和寛
AD
宮田大
TD
荻野靖洋
I
松本隆
UXデザイン
加藤なつみ
Webエンジニア
Jay Jung

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us