コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

何者でもなかった18歳は後天的に勝負できる経営を選んだ(ゲスト:dely 堀江裕介)【前編】

share

【前回コラム】「伝説の角川春樹監督のエピソードに衝撃(ゲスト:奈緒)【後編】」はこちら

今週のゲストは、日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」や、女性向けメディア「TRILL(トリル)」を運営する、dely(東京・品川)の社長 堀江裕介さん。最近になって心掛けていることや起業を目指したきっかけなどについて話をうかがいました。

今回の登場人物紹介

左から、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、堀江裕介、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)。

※本記事は12月15日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

偶然の産物が良い広告を生み出すこともある

権八:こんばんは。CMプランナーの権八です。

中村:WEB野郎こと中村ヒロキです。早速ですけど、最近気になる広告とかってあります?

権八:日清ラ王のCM。小さい子どもがセリフを間違って読んじゃうやつ。あれ、素晴らしいです、素晴らし過ぎますね。実は狙ってやったことではないらしくて。ちゃんと読めなかったNGテイクをつないでみたら、めちゃくちゃ面白かった!という偶然が生んだ傑作なんです。トライしてみたプランナーやディレクター、それを素晴らしいと判断できた日清さん、みんな素晴らしいと思いますね。

 

中村:アワードとかラジオ部門のグランプリ作品なんかでも、素に近いナチュラルトークみたいなのありますよね。台本とかコンテに書かれていない、そのままの姿を頑張って引き出そうっていう。昔のCMでいうと「ピッカピカの一年生」。台本を用意せずに、幼稚園から小学1年生の子どもたちをカメラの前に立たすという手法。ちなみに、権八さんはこういうCM挑戦したことあります?

権八:ありますよ、何回か。やっぱりね、全然想定していない答えが出たりするんですよ。例えば、DoleのCM。SMAPが出演してくれていて、何人かの子どもたちと収録したんです。で、あれは木村さんか中居さんだったかな……。一番目立っていた男の子に「好きな果物は何ですか?」って聞いたんですよ。そうしたらその子が10秒以上ずーっと考え込んでから、「バナナ!」って言ったわけ(笑)。みんな「おぉ〜!良かった!!!」ってなったんだよね。バナナのCMだから、バナナって答えるのは当然。でも、その子は「う〜ん、僕の好きな果物ってなんだろう」と素で考えたうえで、バナナって答えた点が素晴らしかった。

中村:全然違いますよね。

権八:めちゃくちゃ面白い結果になりましたね。最近気になったといえば、もうひとつ。さっきとは真逆で、精緻に計算された撮影・編集のCMです。ネットで見て感動したんですけど、大塚製薬のカロリーメイト「My Way」篇。

中村:受験勉強をテーマに描いているやつだよね。

権八:そう。あのシリーズ自体は長年やっていますよね。これまでのCMって結構しっとり感動する系というか、レミオロメンの曲がかかるイメージの人生の意味とか、頑張ることの意義や、親子や友情の絆、人間ドラマ、と言った、受験を壮大に捉えていた印象があるんですよ、僕はね。そうじゃないという意見もあるかもしれないけど。ただ、今年のCMは全然違うアプローチで素晴らしかった。是非、見てほしいです。

中村:あれは素晴らしかった。

権八:受験勉強を精神性とか人生の意味とか、大袈裟なものとして捉えるとプレッシャーになるんですよ。僕自身が受験勉強をそういった理由で失敗したクチなんだけど(笑)。今回のカロリーメイトのCMは、受験をスポーツみたいに捉えているんですよ。

中村:そうですね。

権八:ストイックにやる、とにかくやると決めたらやる、みたいな感じ。あ、こういうCMをもし僕が見ていたら、受験勉強を頑張れていたんじゃないかなって思いますね。受験失敗したらどうなるんだろう?とか、受験生が抱えているものはいっぱいある中で、割とドライにかっこいい編集で、曲は「My Way」がかかっていて。やってくれたなという感じがしましたね〜。

中村:WEB野郎中村も、もういい歳ですけど受験時代のことを思い出しました。受験生でなくても共感しちゃいますよね。

権八:そうそう!あんな風に受験勉強を捉えられていたら、もっとうまくできたのにな……みたいな。僕もやり直したい(笑)。

 

あ、あと一個だけ。すぐおわのHPを2年ぶりくらいに更新しまして。HPから過去のアーカイブが聞けるようになりましたので、ぜひ聞いてみてください。

中村:めちゃくちゃ面白いっすよね、アーカイブ。

権八:あ、ほんと!?

中村:自分が出てない回とかも聞いたけど、吉岡里帆ちゃんの回とか。まじやばい(笑)。

権八:あの回は、どスケベな回になりましたね(笑)。

中村:いや、本当に!全員好きになっちゃいますよ、あれ。

権八:もう転がされまくりでしたよね。気持ちよくて死ぬかと思いましたよ(笑)。

次ページ「常に仕事をしていないと落ち着かなかった起業当初」へ続く

Follow Us