コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

伝説の角川春樹監督のエピソードに衝撃(ゲスト:奈緒)【後編】

share

【前回コラム】「引っ込み思案の女の子が芸能界でスキルを磨き、上京して演技派女優になるまで(ゲスト:奈緒)【前編】」はこちら

今週のゲストは、先週に引き続き、女優の奈緒さん。今回は芝居に目覚めたきっかけや演じてみたい役柄について話をうかがいました。

今回の登場人物紹介

左から、奈緒、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)。

※本記事は2019年12月8日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

ワークショップで芝居に開眼

澤本:以前話していたワークショップって、演劇のですか?

奈緒:そうです。東京で教えていらっしゃる方が福岡に来るというので。その当時の事務所では、みんなモデルコースで受けていたんですが、その先生は、お芝居も教えられる方だったので、私はお芝居をやったことがないからやってみたいと思って。そこで初めてお芝居のワークショップを受けました。

澤本:どうでしたか?

奈緒:びっくりしました。「はいじゃあ、即興芝居をやってください」って言われてやった時に、自分の声がすごく大きくてびっくりして。「私、こんなに大きな声が出るんだ!」と、けっこう衝撃で。家に帰ってからもずっと頭から離れなくて、当時の事務所のマネージャーさんに連絡して、「すみません、本当にわがままな話なんですけど、お芝居がやりたいです」って言ったら、「実は先生から連絡が来て、『あの子はお芝居をやらせたほうがいいと思うよ。彼女もきっとやりたいと思う』って言っていたんだけど、やっぱりやりたいんだ?」って。

澤本中村:えーーーー!!!

奈緒:「やっぱりやりたいです!」って号泣しちゃって……。

澤本:きっかけはそれなんだ。

奈緒:「私にはお芝居だ」ってなったきっかけはそうですね。

澤本:受けてみるものだね。

奈緒:そうですね。俳優の山田裕貴さんとこないだ話していた時に、「授業のコース選択でお芝居を選んだ」って話をされていて、「なぜお芝居だったんですか?」と聞いたら、「歌のコースは、自分はそんなに歌がうまくないしなぁ……。モデルコースは身長が高くないしなぁ……って消去法で。お芝居はやってみないと分からないなぁって。心の仕事だから、自分には心があるからいけるかなって思った」って言っていて。でも本当にその時に、「確かにお芝居ってやってみないと、やれるかどうかも分からないものだな」って。そういう意味では誰でも一歩踏み出せる場所だったんだなって、思ったんですよね。厳しいけど、入口がすごく寛大な場所だって。

中村:それ、才能なんですよ。僕は、大学で学生演劇をやっていたんですけど、演出はできるんですよ。台本を見た瞬間に、こういうふうに読めばいいというのは分かるんだけど、自分でやってそれを録画してみると「何?この大根!」みたいな……。自分を客観視できないんですよね。だから演出は得意だけど舞台に絶対出ない人とか、いますよね。自分をちゃんと客観視できるというか、板の上に立っている時の自分が見えているんだろうなぁ。それが見えている子って天性だから、たぶんそういうのもあって「彼女はお芝居やったほうがいいよ」ってなったんじゃないかなぁと思いますけどね。

奈緒:あの時に、先生が言ってくださって、今でもすごく感謝しています。

次ページ「怖いシーンほど現場で大爆笑」へ続く

Follow Us