コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

CM監督から、『一度死んでみた』で映画監督に挑戦(ゲスト:浜崎慎治)【前編】

share

【関連記事】「映画を通じて、「広告は面白い」と伝えたい 澤本嘉光×浜崎慎治」はこちら
【前回コラム】「父は世界的指揮者、母はモデル。超芸術一家のプライベート秘話が明らかに(ゲスト:小澤征悦)【後編】」はこちら

今週のゲストは、映画監督・CMディレクターの浜崎慎治さん。澤本さん脚本の映画、『一度死んでみた』でタッグを組んだふたりの浅からぬ縁とは……!?

今回の登場人物紹介

左から、浜崎慎治、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は2月16日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

タクシーで勃発!ゴールデンカレー事件

澤本:皆さんこんばんは、CMプランナーの澤本です。

権八:はいこんばんは、CMプランナーの権八です。

中村:はいこんばんは、WEB野郎こと中村洋基です。あ、滑舌が悪い……。そういえば澤本さん、滑舌が悪い事件があったって?

権八:大事件ですよ!

澤本:あー!あれねぇー。

権八:めちゃバズってますよ。

澤本:一応ラジオでしゃべっている人として、恥ずかしい事件を起こしまして。タクシーに乗ったわけ。タクシーの運転手さんに「すみません、ボールペン貸してください」って言ったの。そうしたら「ゴールデンカレーですか?」って言われて。

権八:マジで!?(笑)

澤本:ちょっと聞き取りづらかったのかなと思って、ゆっくり「ボールペン貸してください」って言ったら、また「ゴールデンカレーですね」って言われて……。

権八:それ実話ですよね?

澤本:ほんと!ほんと!

中村:持ってんのかよ、ゴールデンカレーを!って言いたいですね(笑)。

澤本:タクシーの中でさ、食べ物発注しないじゃない?

権八:この放送を聴いていると、澤本さん別に滑舌悪くないよね?

中村:そうですよね、うん。

澤本:でもその話を家でしたら「あんたもともと口を開けないでモゴモゴしゃべるから、気持ち悪い」って言われて……。

権八:また家族に気持ち悪いって言われたんですか!?

澤本:「もうちょっと口を大きく開けてしゃべれ」って言われて。だから口を大きく開ける練習したもん!「ゴ ー ル デ ン カ レ ー」みたいな。

権八:そっちかよ!(笑)

中村:リスナーの皆さんに言っておくと、別に滑舌の練習も大してしていないおじさんが三人でやっているラジオなんで、聴きづらかったら申し訳ない……。

権八:今日のゲストは、声を張ってしゃべるタイプのおじさん。

澤本:滑舌いいですよ。

権八:声張るよね?

澤本:張る!

中村:実はですね、澤本さん脚本の映画『一度死んでみた』の上映が刻々と近づいており、その強化月間ということで今日はこの方をお迎えしております。映画『一度死んでみた』の監督を務めてくださいました、映画監督・CMディレクターの浜崎慎治監督です。よろしくお願いします!

次ページ 「すぐおわメンバー全員と仕事をしたことがある!」へ続く

Follow Us