コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

自分の中のファンキーな要素を澤本さんが引っ張り出してくれた(ゲスト:広瀬すず)【前編】

share

【関連記事】「映画を通じて、「広告は面白い」と伝えたい 澤本嘉光×浜崎慎治」はこちら
【前回コラム】「映画には絵コンテもないし、カット割りも事前に決めない!(ゲスト:浜崎慎治)【後編】」はこちら

今週のゲストは、映画『一度死んでみた』で主人公・野畑七瀬を演じた女優の広瀬すずさん。デスメタル好きでファンキーな見た目の七瀬とは、一見真逆なタイプに見える広瀬さんですが……?

 
※本記事は3月1日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

広瀬すず師匠いよいよ登場!

澤本:はい、皆さんこんばんは。CMプランナーの澤本です。

権八:はいこんばんは。CMプランナーの権八です。

中村:はい!Web野郎こと中村洋基です。この番組では、澤本さん脚本の映画『一度死んでみた』の超強化月間ということで、映画に関係する素晴らしい方々をゲストにお呼びしています。澤本さん!もう何回も言っている可能性もありますが改めて……『一度死んでみた』はどんな映画ですか?

澤本:う~ん、まあ一度死ぬ話……(笑)。大枠はお父さんと仲がうまくいっていない娘さんがいて、ちょっとこじらせている感じでデスメタルなぞやっているんですね。そのお父さんがあるときに「2日間だけ死ぬ薬」を飲んで死んでしまって。元々は会社の揉め事を何とかしようと思って飲んだ薬なんですが、それによって娘さんとの関係が変わっていきます。娘さん役である広瀬すず先生が大活躍する話です。

権八:広瀬すず“先生”なんですか?(笑)すずちゃんは先生じゃないよね?

澤本:役柄はね。先生じゃないけど、僕的には先生、師匠。

権八:澤本さんの師匠なんだ(笑)

澤本:心の師匠。

中村:今日はですね、なんとその、師匠を呼んでいますよ!先週の浜崎慎治監督に続いて、映画『一度死んでみた』の主演、広瀬すず師匠~!よろしくお願いします!

広瀬:よろしくお願いします。

権八:師匠なんですか?

広瀬:やりづらいですね……(笑)。

中村:この番組ではすずちゃんは2回目の登場ですね。前回は4年前の映画『ちはやふる -上の句-』(2016年)の公開のときに来ていただきました。

権八:もっと来ていただいているイメージがあるけど2回目だっけ?

広瀬:2回目です。

権八:2回目ですか、すみません!失礼しました(笑)。

中村:オーラが会うたびに増していく感じがしますね。

権八:そうですね、ますますおきれいになって。

広瀬:いやいやいや……。

中村:『ちはやふる』では、第40回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。すごいですね。もうNHKの朝ドラ『なつぞら』(2019年)といい、破竹の勢いという。

広瀬:ありがとうございます。

澤本:『ラストレター』(2020)っていう映画もあるんですけど、素晴らしいんですよ。自分の番組で自分の映画の話をするよりもそっちの話したいぐらい。僕、もともと岩井俊二監督の映画が大好きだったの。『Love Letter』(1995)が好きで。本当に素晴らしい。

広瀬:嬉しいです。

権八:完全に『ラストレター』の宣伝週間になって参りましたが(笑)。どっちも必見ですよ。

中村:すずちゃん久しぶりなので、毎回ゲストの方にお願いしている、20秒自己紹介というのをまたやっていただきたいと思います!この『すぐおわ』は、広告の番組ということで、ご自身の自己紹介をラジオCMの秒数20秒に合わせてやってください、というものがございます。すいませんね、いつもいつもこの無茶ぶりが。

権八:CMの契約だって、今400社ぐらいでしたっけ?

中村:あはは!(笑)

広瀬:えっ!?どこの情報でしょうか(笑)。

権八:それはもうお手の物ですよ、20秒の尺に収めるのは。

広瀬:どうしよう……。

権八:CM女王だよね、契約件数の。

広瀬:いやいやいや、違います。

権八:違ったっけ?たぶん800社ぐらいですよ(笑)

澤本:増えたね(笑)

権八:まあまあ、それは冗談ですけど。

中村:CMと違って20秒ですしね。では、どうぞ!

広瀬:静岡県出身、21歳の広瀬すずです。え~っと、あ、えっと澤本さんの脚本の『一度死んでみた』っていう映画に出させていただいております。最近は……あっ、もう終わりますね、よろしくお願いします!(笑)あと3秒しかなくなっちゃった、お願いします……!

中村:はい!終了~!よろしくお願いします!

広瀬:すいません!

権八:あれだね、サッカーの応援で声枯れちゃったんだよね。

広瀬:ちょっと、鼻声になっちゃって。すみません。

権八:いやいや、大丈夫ですよ~。すずちゃんなら。

広瀬:いやいやいや。

権八:最近は……何ですか?最近、までさっき言いかけて止まっちゃったけど。

広瀬:「最近何かあったかな」と思ってたんですけど、特に何もなく(笑)。「無かったな~」と思って。「好きなもの」とか言えばよかったですね。

澤本:最近何が好きなんですか?

広瀬:最近好きなのは……、最近好きなものって言ったら……。

中村:食い物なのか、映画なのか。

広瀬:あっ!今年は映画をいっぱい観よう思っています。ドラマもそうですけど、この1、2年「全然観て来なかったな」と。だから今年は観ようかなと思っています。この前も、3時くらいに仕事が終わって家に帰ってから3本半観ました。そんなペースが今続いてます。

権八:えっそれ真夜中ってこと?

広瀬:3時ぐらいに家着いてから、ずーっとノンストップで観てました。

中村:普通の2時間映画とか?

広瀬:そうです。

権八:ちなみに何を観たんですか?

広瀬:そのときは、キュンキュンするものを観たくて。以前はめちゃめちゃ観てたんですけど最近観なくなっていたので。『愛唄 -約束のナクヒト-』(2019)と、『ピーチガール』(2017)と……。あと何観たかな。もう2本くらい映画を見ましたね。ちょっと忘れちゃった(笑)。同世代向けの作品というか、そういうのをちょっと観たいなと思って。

権八:そういうときは、やっぱり「あ~はいはい、私だったらもっとこう演じるのにな~」とかみたいな気持ちで観るの?

広瀬:いや、たぶん誰が演じても絶対違うじゃないですか、感覚が。でも『ちはやふる』みたいな「すごい美人なんだけど話すとちょっと残念」っていう、そういう役がこの前観ていた映画では結構出てきたんです。主演の人はすごいスタイルもよくて髪もきれいで、「こういうのいいな~」って(笑)。やっぱり原作の漫画に出てくる女の子は完璧じゃないですか。そこに近づいてここまで忠実に再現できるんだなと思うと「いいな」と思って。そんな感じで観てました。

権八:なるほど~。そういうこと思うんですね、こんな子が。

中村:でもかなり「千早」だったと思いましたけどね。

広瀬:ありがとうございます。

次ページ 「「すずちゃんはコメディに向いている」と思って当て書きした」へ続く

Follow Us