国内最大級スニーカー取引所「モノカブ」 初のテレビCMスタート

share

スニーカー・ストリートウェア取引所「モノカブ」を運営するモノカブは、5月22日から同社初となるテレビCMの放映を開始した。5月21日には原宿店に続く国内2号店として、大阪・心斎橋店をオープンしている。

「新品未使用・本物保証のスニーカー取引所」篇(15秒)

同社は、2018年にサービスを開始。以降、スニーカーなどにおける偽物の市場流通の徹底排除と、適正価格での取引を成立させることをモットーに運営を行なってきた。国内2号店の営業開始のタイミングに合わせ、テレビCMを放映することで、「モノカブ」のサービスを知らない未来のユーザーへの認知拡大を目指している。

本CMは、箱詰めされた新品未使用・本物のスニーカーが、近未来的なマシンによって次々と運び込まれるシーンからスタート。徐々にカメラがズームアウトすると、そこには数十足のスニーカーがマシンに乗って規律を守って運ばれる様子が映し出される。さらに、100足を超えるスニーカーに埋め尽くされた施設が見えてくるという内容になっている。

取引を行う際の開封・真贋鑑定・梱包・発送といった一連の流れについて、端的にかつ丁寧に15秒の動画で表現した。

CDを務めた下東史明氏は、「初のマスCMということでしたが、むやみにサービス名を連呼するのではなく、マーケティング戦略に則して、ターゲットにとって、何より強いフックとなるスニーカーを、究極にシンプルに、スタイリッシュに見せるかの1点のみにフォーカスしました」と話す。

「CM内で次々と『あれもこれもある』と理解させる・感じさせる設計で、BGMもない、ストーリーもない、ただひたすら秒数の限り、商品群そのものと無機質な背景、シンプルなナレーションのみで構成しました。静かに、ターゲットの購買意欲をかき立てる狙いがあります」(下東氏)

同社は、「CMの中で映し出されるスニーカーは皆さんがお持ちの思い入れのあるモデルや、欲しかったモデルかもしれません。スニーカーヘッズ(熱狂的なスニーカーコレクターの意)の方々だけではなく、たくさんの方々にCMを楽しんでいただけると考えております」とコメントしている。

スタッフリスト

企画制作
STAY GOLD
CD+企画+C
下東史明
Pr
土川岳、山崎祐
PM
村上温香、稲嶺和貴、葛西祐希
演出
袴田知幸
撮影
宮原夢画
照明
トッティ
美術
中原裕次
編集
糸山健志
カラリスト
黒部尊仁
SE
ジミー寺川
MIX
川瀬加奈子
NA
明石香織

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us