ブレーン発 オンライン動画コンテスト「BOVA」作品募集開始

2013年12月03日 掲載ブレーン 編集部

月刊『ブレーン』発 オンラインに特化した動画コンテスト「Brain Online Video Award」が始まります。映像制作業界の活性化と、これからの時代を担うオンラインビデオクリエイターの発掘とさらなるスキル向上に貢献するため、「心に響く」「人を動かす」オンライン動画を募集します。

「Brain Online Video Award」開催概要


BOVA Webサイト(※クリックするとサイトが表示されます)

「話題になる」「新たなアイデアにあふれている」オンラインに特化した動画コンテスト。日本の広告界を代表するクリエイターが審査。Web上の一般投票、協賛企業賞による選考も行います。

スケジュール

課題発表:2013年11月30日(月刊ブレーン1月号 誌上)
募集期間:2013年12月1日~2014年2月28日
一般投票:2014年3月
結果発表:2014年6月1日

主催

株式会社宣伝会議

協賛企業

コクヨS&T
参天製薬
日本コカ・コーラ
日本ロレアル(ロレアル パリ)
ニューバランス ジャパン
特別協力:123RF

募集部門

<一般部門>
協賛企業から出された課題に対して、解決策となる5分以内の動画を募集します。
グランプリ(1点) 賞金50万円
準グランプリ(1点) 賞金20万円
ユーザーエンゲージメント賞(1点) 賞金20万円
審査員特別賞(3点) 賞金5万円
協賛企業賞(各1点)賞金3万円

<企業部門>
既にオンライン上に掲載された、企業のマーケティング課題解決のためにつくられた動画を募集します。
グランプリ(1点)賞金50万円
審査員特別賞(3点)賞金5万円

URL

http://bova.sendenkaigi.com/

審査員

川村真司(PARTY クリエイティブディレクター)
1979年生まれ。博報堂、180 Amsterdam、BBH NewYork、ワイデン+ケネディNYを経て、2011年PARTY設立。トヨタ自動車やグーグルのグローバルキャンペーンを手がけつつ、SOUR、androp、ユニコーンなどのMV制作、プロダクト制作などの個人活動も行う。2012年Fast Company誌「100 most creative people in business」に選ばれた。

木村健太郎(博報堂ケトル 代表取締役共同CEO/エグゼクティブ クリエイティブディレクター/アカウントプランナー)
1969年生まれ。一橋大学商学部卒業後、1992年博報堂入社。戦略からクリエイティブ、PR、デジタルを越境した統合的なプランニングスタイルを確立し、2006年博報堂ケトルを設立。従来の広告手法にとらわれない「手口ニュートラル」というコンセプトで、アイデアを沸かして世の中を沸騰させるコミュニケーションを提案・実施している。

齋藤精一(ライゾマティクス 代表取締役)
1975年生まれ。コロンビア大学建築学科卒業。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート/コマーシャルの領域で作品を発表
主な仕事に、Intel「The Museum of Me」、NIKE JAPAN「Music Shoe」、NIKE LONDON「FUELFEST」、KDDI「FULL CONTROL TOKYO」などがある。

佐々木康晴(電通 シニア・クリエーティブディレクター)
1971年生まれ。電通入社後、コピーライター、インタラクティブ・ディレクターを経て、2011年からニューヨークに出向。帰国後の現在も、Dentsu NetworkのExecutive Creative Directorを兼任している。国際広告賞の審査員経験や国際カンファレンスでの講演も多数。2011年クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト受賞。

澤本嘉光(電通 コミュニケーション・デザイン・センター クリエーティブディレクター、CMプランナー)
1966年生まれ。主な仕事にソフトバンクモバイル「ホワイト家族」シリーズ、トヨタ自動車「ドラえもん」、東京ガス「ガス・パッ・チョ!」シリーズなど。クリエイター・オブ・ザ・イヤー、TCCグランプリなど受賞。2014年1月に初の映画監督作品「ジャッジ!」公開。

谷川英司(TOKYO ディレクター、プランナー)
1976年生まれ。2012年よりTOKYOに所属。従来の映像表現のみならず、インターネットやプログラミングなど新しい表現も取り入れた演出が全世界的に評価を受ける。主な仕事にIntel「The Museum of Me」、Sony Tablet「Two Will」、au「驚きを、常識に。」シリーズ、GU「Wear Freedom」などがある。

課題オリエンテーションを実施します

応募予定者に向けて、協賛企業より1社あたり30分程度のオリエンテーションを実施します。課題の目的・目標や市場の背景、動向、想定ターゲット、課題の訴求ポイント、企画にあたってのトーン&マナーおよび注意事項などをお話しいただきます。日程は12月17日、会場は宣伝会議セミナールームです。
Webサイトにて参加受付中です(定員50名、多数の場合は抽選)。

月刊「ブレーン」について

広告クリエイティブの専門誌。発売中の1月号では、BOVAの課題を掲載するほか、「話題を生む!オンライン動画」と題したヒット動画事例やその発想法を紹介する特集を掲載しています。

お問い合わせ先

株式会社宣伝会議 BOVA運営事務局
E-mail : bova@sendenkaigi.co.jp
TEL : 03-3409-4740

関連記事

Pick Up!

注目記事

コラム

新刊情報

あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか 表紙あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか?

定価:本体1,600円(税別)

楽天大学学長 仲山進也氏が、低価格競争、過剰サービス競争といった「消耗戦」を抜け出して、楽しくかつ顧客満足度を高めるビジネスの方法を指南。また、それを実践しているECショップの成功事例を12件掲載。「Advertimes(アドタイ)」で毎回アクセスランキングNo.1となった人気コラムがいよいよ書籍化!

at0727-1伝わっているか?

定価:本体1,400円(税別)

言葉を変えるだけで仕事が、恋愛が、毎日が劇的に変わる 目からウロコの20のメソッドを「いるか」がナビゲート!わかりやすいストーリー形式でスラスラ読めて、深く納得できる まったく新しい学べるエンターテインメントの誕生です。

ページの先頭へもどる