全国102紙にゲゲゲの一斉広告

share

日本新聞協会・JAグループ広告一斉掲載

日本新聞協会に加盟する全新聞102紙は15日、JAグループの広告(画像)を一斉掲載した。QRコードを載せて読者からの反応も確かめる。協会の「広告対策プロジェクトチーム」が主導する企画で、新聞広告の効果や存在感を示す狙い。今年3月、8月に続いて3回目の実施となる。広告会社は博報堂DYメディアパートナーズ。前回は電通が担当した。

クリエーティブは全7段で、朝食の大切さを訴えるもの。漫画家の水木しげる氏が手がけ、同氏と「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターが朝の食卓を囲む風景を描き下ろした。「アタマに新聞 カラダによい食」とのコピーで、新聞も同時に訴求した。企画は10月ごろに決まった。

QRコードにアクセスすると、掲載日の15日限定で、広告に登場する妖怪キャラクターを携帯電話の待ち受け画面にダウンロードできる。

Follow Us