コラム

i(アイ)トレンド

フェースブックのアカウント閉鎖を考える

share

「実名主義」あらためて打ち出す

8日から9日にかけて、ツイッターのタイムラインをにぎわせていた話題に“春の垢(あか)BAN祭り”というものがあった。これはフェースブックがユーザーのアカウント(アカウントの隠語で“垢”)を突然閉鎖(英語で“BAN”)する行為を一斉に行ったからのようだ。

アカウントをロックされたあるユーザーは、「いつものようにフェースブックを開くと『アカウントが停止されています』と表示されていた」というのである。アカウントが停止される前に警告のメールはなかったという。フォームから実名を入力するなどの手続き行ってから、半日後にアカウントが復活したそうだ。

2月10日現在の利用規約には「Facebookでは、ユーザーの皆様に実名および実在の情報を提供していただいています」と書かれており、「アカウントが弊社によって停止された場合、弊社の許可なく新たなアカウントを作成することはできません」とも書かれている。


筆者は以前のコラム「『ソーシャルメディア文化』めぐる日米の違い」の中で書いたように、日本人は「匿名」のような間接表現を好むと思っている。そして「フェースブック、日本では携帯電話との競争に」の中で、本名を公開することに日本人の90%近くの人に抵抗感があるのという調査を紹介した。つまり、日本ではかなり多くのユーザーが実名以外で登録している(いた)と考えられるのである。ツイッターなどの書き込みでは、自分も偽名で登録しているが、アカウントが停止されていないといった書き込みも散見される。

ポリシーの柔軟な運用を期待

過去にさかのぼると、偽名以外でアカウントを停止されたユーザーもいるようである。国際交流団体のOBアカウントを運営していたユーザーは、数多くの人に参加呼びかけをしていたため、数回警告を受けたあと、「パワーハラスメントを受けた」という苦情が入ったということでアカウントが閉鎖され、数千人に及ぶ参加者の情報が一瞬にしてなくなったと言っている。また別のユーザーはまったく身に覚えがないのに突然アカウントが閉鎖され、よく使うメールアドレスを登録していたため、後日新しくアカウントを作った後にそのメールアドレスが使えなくなり大変不便な思いをしているということである。

いまや社会のインフラになりつつあるソーシャル・ネットワークが真に根付くためには、このような問題をクリアしていかねばならないだろう。今後、ポリシーの明確化やアカウントを停止する前に猶予期間を設けるなどの処置を考えてはいかがだろう?

江端浩人「i(アイ)トレンド」バックナンバー
もっと読む

Follow Us