コラム

i(アイ)トレンド

デジタルテクノロジー/マーケティングの進化で実現するシェアリングと所有の二極化経済

share

前回のコラムは久々であったので色々な反響をいただきましたが、筆者が一番驚いたのは継続して人気記事ランキング入りしていたことでした。編集部曰く「じわじわ読まれています」ということであったので、今回のシリーズは“じわじわ”読まれてゆくことを目指してゆきたいと思いますのでよろしくお願いします。

コモディティや一時利用はシェアリングへ、ラグジュアリー体験・高級嗜好品は所有へと両極端に分化

前回も書いたように筆者は2018年、日本はデジタルテクノロジーとそれに支えられたマーケティングにより高付加価値エコノミーへと進化していくのではないかと考えている。そこで1回目は“送料無料、コンテンツ無料”などを例にとり、それらが意味をなさない時代が近づいているのではないかということについて言及した。

今回のテーマは「コモディティや一時利用はシェアリング」に「ラグジュアリー・限定品は所有」へと二極化する、だ。

前回も書いたように、このような二極化の時代に入る背景としてはコミュニケーションプラットフォーム、決済プラットフォーム、デジタルメディアプラットフォーム、データ分析プラットフォーム、データ収集プラットフォーム、コンテンツ・広告配信プラットフォーム、通信プラットフォームなどがこの数年大きく進化したことで、様々な施策が可能になったことが影響していると考えている。
これらの議論は様々であるが、そのマーケティングへの影響は2014年に筆者が設立した「次世代マーケティングプラットフォーム研究会」で議論されているのでご参照いただきたい。

すでにその傾向は明らかになりつつあるが、消費に関してもその形態によって大きく分化してくると筆者は予想する。現在、拡大しているシェアリンングエコノミーは“所有より利用、低価格化”の流れを受けていると考えられるが、逆にラグジュアリー体験や高級嗜好品に関しては高価格化が進んでいるのではないだろうか。筆者は今の時代に当てはまる価値マトリクスとして以下を提唱したい。

※筆者制作

一見、分かりにくいかもしれないが、平たくいうと「どこにでも手に入るものは必要な時に利用できればよくて、たまにしか使わない限定されたものは購入して持つようになる」ということだ。このコンセプトや提供する便益をきちんと理解することが、商品やサービスのマーケティングを含めた施策を検討する上できわめて重要になる。

次ページ 「古典的な「ドリルが欲しいのか?穴が欲しいのか?」の議論」へ続く

Follow Us