「次世代自販機」がデジタルサイネージアワード2011を受賞

share


株式会社JR東日本ウォータービジネスとピーディーシー株式会社は、デジタルサイネージアワード2011にて、「デジタルサイネージを活用した次世代自販機」において、シルバー賞を受賞しました。

「次世代自販機」は、デジタルサイネージを活用した自動販売機で、通常の自動販売機の約2倍の売上を上げるなど、効果をもたらすデジタルサイネージの成功事例となっているものです。また、お客さまの性別・年代や、時間帯・気温に合わせて飲料をおすすめレコメンド機能や、どの飲料がどの性別・年代に購入されているかのデータを取得するマーケティング機能などを搭載している、新しいタイプの自動販売機です。

現在は、品川駅・東京駅・仙台駅などに49台が設置されており、節電モードでの営業を行っております(一部については休止中)。今後も、合計500台を、東京近郊のJR東日本エキナカで展開していく予定です。

機能の特長

  • 高輝度型液晶タッチパネルディスプレイ(47型)採用し、飲料本来の魅力・シズル感を表現。
  • シンプルで直感的な操作性を実現。
  • 時間帯・気温に応じてコンテンツが変化し、お客さまへ最適な商品をご提案。

受賞に際し寄せられたコメント

  • まさしく次世代の自動販売機。
  • 多岐に渡り導入効果が高い事例と感じる。
  • 長い間技術的な進歩がなかった自動販売機に、様々な技術を組み合わせることで、全く新たな販売網となった。
  • 今回のエントリー作品の中で、一番話題性のあるデジタルサイネージ。

会社概要

株式会社JR東日本ウォータービジネス  http://www.jre-water.com
商業(卸売業、小売業)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 
TEL 03-6853-6005

Follow Us