コラム

野呂エイシロウ「テレビPRで、売り上げをつくる!」

テレビ業界人は実は、情にもろい。

share

PRの文章を学ぶのに、FacebookなどのSNSが有効です。人の心をつかめるようになりましょう。戦略的広報PR研究所


 ※画像をクリックするとFacebookページが表示されます

こんにちは。野呂エイシロウです。皆さんお元気ですか?ボクは今、フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」の会議中に編集長から原稿の催促をもらい、急遽中抜けでこの原稿を書いております。さすが!世界一ゆるい戦略的PRコンサルタント、締切を忘れてました!申し訳ありません。

今週一番びっくりしたのは、なんといっても島田紳助さんの引退会見。あの裏で多くのPRコンサルタントが泣いたことを皆さんはご存知ですか?当日や翌日などに仕込んでおいたPRネタが次々とキャンセルになり、結構大変なことに。ボクも10件以上も没になりトホホです。

あの記者会見を見て思ったのは、テレビの良き時代がまたひとつ終わったということ。何がしらの事情があったにせよ、島田紳助さん自身が、テレビ番組に見切りをつけたんだろうなと思います。この業界がまた寂しくなったのは非常に残念でなりません。

さて、テレビPRについて、ボクのコンサルテクニックを思いっきり披露しましょう。

どうして、ボクのクライアントが次々とテレビによって収益を出しているのか?そのテクニックを伝授しましょう。どんどんパクって下さい。そして、どんどん露出して下さい。

何よりも大切なのは、受け取る側の気持ちになること。つまり、業界人の気持ちになることです。ボクの著書「プレスリリースはラブレター」(万来舎)にも書いたのですが、受け取る側の気持ちになって考えるのが何よりも重要です。

もちろん、上場しているような大きな企業はそれなりにちゃんとしたリリースを書く必要性があるとは思うのですが、中小企業の場合は、個性豊かなリリースを書きましょう。そう、受け取っているテレビ業界人は人間です。「この人一生懸命やっているな」「この人応援したいな」「この人は、ちゃんと番組を見てくれているな」と思うと、応援したくなります。思わず情に負けてしまいます。それは「お願いします!取り上げて下さい!」というお願いごとではありません。その “仕事”に対してです。

「この製品をつくるのに、こんな物語があったんだ!」「社長の情熱がこのビジネスを成功に導いたんだ」などと思うと、取材したくなります。だからボクはプレスリリースはラブレターだと思います。読む人の心に突き刺さらなければ、単なる紙切れです。

今週もボクのクライアント様が次々とテレビに登場しています。その成功の裏側では媒体別のリリースを作っています。それは、多くのPRのプロが述べていることと違います。でも、ボクはラブレター同様、受け取る人によって分けるべきだと思います。

そして、テレビ業界人の心を動かして下さい。それができれば、顧客の心をつかみ売り上げを確実にUPさせることができるはずです。面倒ですが、恋愛もPRも従来面倒なものです。それを楽しみましょう!今回も最後までお読み頂きましてありがとうございます!

野呂 エイシロウ「テレビPRで、売り上げをつくる!」バックナンバー

Follow Us