ヤマダ電機「LABI名古屋」の開店で、隣接の名鉄百貨店の来館者増

share

ヤマダ電機の名古屋駅前店舗「LABI名古屋」が先月25日に開店した。場所は名鉄百貨店ヤング館の跡地。B1~5Fの6フロアで営業面積は1万2000㎡の大型店舗だ。駐車台数約3700台の駐車場も完備しており、車での来館が可能なことも特徴。

名古屋鉄道では名駅地区の活性化を図るため、集客力の向上とにぎわいの創出を目的に、保有資産の有効利用としてヤング館の再活用を進めていた。今回の出店はヤマダ電機との相互合意に基づき決まったもの。同店では、インターネットテレビやスマートフォンなどを豊富に取りそろえているほか、実際に商品を体験できるコーナーを多数設置。商品を組み合わせた提案にも力を入れる。

当初の計画通り、ヤマダ電機の開店日には名鉄百貨店でも来館者が増え、昨年の同日と比べて本館が約3割増、メンズ館も1割強増加したという。同百貨店では今後、来店客が買い回りしやすい店づくりを目指していくとしている。


Follow Us