無印良品、思わぬSNS反響から 初の「閉店」特設サイト&イベント立ち上げ

share

無印良品青山三丁目

無印良品発祥の地・青山で多くの人々から愛された「無印良品 青山三丁目」

1月31日(火)に、約20年間の歴史をもつ「無印良品 青山3丁目」が閉店するのに際し、良品計画では同社初の「閉店」特設サイト及びイベントを立ち上げた。

「無印良品 青山3丁目」は、1993年に開店。当時は無印良品において初の大型店舗であったことから「本店」とも呼ばれ、多くの人々に親しまれてきた。店舗デザインは、国内外多くの有名建築物を手がけているインテリアデザイナーの杉本貴志氏によるもので、広いスペースを生かしつつ木の持つ素材の力をふんだんに取り入れた内装にはファンも多い。

無印良品では、閉店の告知を昨年より特に強化し始めたSNSツール(Twitter、Facebook)を使って配信したところ、ユーザーの店に対する思い出と共に閉店を惜しむ声が数多く寄せられ、その声に応えるべく同社初となる「閉店」特設サイトを設立した。「配信当初は、閉店に際して特に大きな仕掛けは考えていなかったが、予想以上に多くのコメントが寄せられたことから、配信から10日足らずで急遽特設サイトの立ち上げに至った」(同社広報)と話す。特設サイトには店舗デザインを手がけた杉本氏をはじめ、開店当時から現在に至るまで歴代11名の店長より、店舗に対するコメントが寄せられている。

1月20日(金)には店舗を1日クローズし、「ありがとう。無印良品 青山三丁目 お別れイベント(特別招待会)」を開催。イベントでは、店内全品が30%オフになる他、店内のメッセージボードへの寄せ書き、数量限定の記念品などが用意される。イベントは、対象ページをプリントアウトするかスマートフォンなどで画面を提示することで誰でも参加可能。

詳しくは「無印良品 青山3丁目」特設サイトまで。


Follow Us