東京都が「東京ビジネスデザインアワード」を開始

share

TOKYO DESIGN BUSINESS DESIGN AWARD TOP PAGE

「東京ビジネスデザインアワード」のサイトにて、今後のテーマなどは発表される。

東京都は、企業参加型のデザイン・事業提案コンペティション「東京ビジネスデザインアワード」を開始した。

目的は、都内の高度なものづくり中小企業と、優れた課題解決力と提案力を併せ持つ優秀なデザイナーとが協働し、新たなビジネスを創出すること。商品の姿かたちのデザインだけでなく、技術や素材の新たな用途開発等を軸とした、事業全体のデザインをデザイナーから募り、優れた事業提案の実現化を目指す。

デザインの導入によりものづくりビジネスの可能性を広げたい都内ものづくり中小企業が保有する高度な技術や特殊な素材等をコンペティションのテーマとし、5月1日より参加企業の募集を開始した。5月25日には企業向けテーマ応募説明会を東京都中小企業振興公社にて開催する。テーマ募集締切は、6月29日。

その後、8月1日にテーマ発表とデザイナーからの提案募集を開始する。書類審査の一次審査を経て、二次審査ではテーマ選定企業とともに、一次審査を通過した提案から「テーマ賞」を評価選定。2013年1月下旬に実施する最終審査では「テーマ賞」を授賞したデザイナーによる公開プレゼンテーション審査を行い、結果発表、表彰式を行う予定。

審査委員長は、廣田尚子氏(プロダクトデザイナー / ヒロタデザインスタジオ 代表)、審査員は江副直樹氏(事業プロデューサー / ブンボ株式会社 代表取締役)、永井一史氏(クリエイティブディレクター / 株式会社HAKUHODO DESIGN 代表取締役社長)、林千晶氏(プロジェクトマネージャー / 株式会社ロフトワーク 代表取締役)が務める。



Follow Us