「正露丸」111周年で、パッケージを模したトイレが登場

share

大幸薬品は、主力の整腸剤「正露丸」が今年で発売111周年を迎えることを記念し、全国の店頭や特設ウェブサイトでキャンペーンを実施している。正露丸に関するクイズに、はがきやウェブを通して応募するもので、111周年にちなみ、正解者1人に111万円の賞金が贈られる。

キャンペーンのPRの一環で、協賛するイベント会場などで、正露丸のパッケージを模した形状の仮設トイレが設置される。扉部分を開けると正露丸のCMで長年使われているラッパ曲が鳴り、また内部では正露丸の香りを漂わすなど、実際の商品をイメージさせる設計にした。

PRの切り口にトイレを使った理由は、暑い時期は冷たい飲み物でお腹を壊し、正露丸の需要が増す傾向があるため。

17日には東京都渋谷区明治公園でメディア向けに特製トイレのお披露目イベントを行い、付近で同日開かれた「 神宮外苑花火大会」の会場で設置。記念撮影用のトイレも一台設置した。

キャンペーンは9月30日まで。

Follow Us