「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキング2013、1位はGoogle

share

Great Place to Work®Institute(本部サンフランシスコ)は、10月22日(アメリカ時間)、第3回「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキング(World’s Best Multinational Workplaces List)を発表した。

Great Place to Work®Institute は、世界45カ国以上において、世界共通基準で調査分析を行い、一定基準に達した会社を「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」に選定し、各国ごとの有力経済誌にてベストカンパニーとして発表している。各国での調査結果を元に、グローバルで展開している多国籍企業の中で「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキングベスト25社を選出した。

今回の25位までの順位は以下の通りとなっている。

  1. Google (情報技術 インターネットサービスプロバイダー)
  2. SAS Institute  (情報技術 ソフトウェア)
  3. Netapp  (情報技術 ストレージ データ管理)
  4. Microsoft (情報技術 ソフトウェア)
  5. W. L. Gore & Associates  (製造業 化学)
  6. Kimberly Clark (製造業 家庭用消費財)
  7. Marriott  (ホスピタリティ ホテル/リゾート)
  8. Diageo  (製造・生産 食料品、飲料)
  9. National Instruments  (製造・生産 エレクトロニクス)
  10. Cisco (情報技術)
  11. Autodesk  (情報技術 ソフトウェア)
  12. Monsanto  (バイオ&医薬/ /バイオテクノロジー)
  13. BBVA (金融サービス・保険 銀行 クレジット・サービス)
  14. American Express (金融サービス・保険 銀行 クレジット・サービス)
  15. Hilti (小売 // 専門)
  16. Telefonica (電気通信)
  17. Accor (ホスピタリティ ホテル/リゾート)
  18. Quintiles  (ヘルスケア サービス)
  19. SC Johnson (製造業 家庭用消費財)
  20. Fedex Corporation (運輸 荷物、貨物輸送)
  21. Atento (プロフェッショナルサービス コールセンター受託)
  22. Mars (製造・生産 食料品)
  23. McDonald’s (ホスピタリティ  外食)
  24. The Coca – Cola Company (製造・生産  食品・飲料)
  25. Novartis (バイオテクノロジー・医薬品)

(カッコ内はGPTWカテゴリに基づく産業業種。)


Great Place to Work ® Institute Japanのホームページ
「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキングの問い合わせ先はJP_contact@greatplacetowork.com

「働きがいのあるグローバル企業」世界ランキングは以下の条件を満たした企業から選ばれている。

  • 各国の2012-2013実施調査で5カ国以上でベストカンパニーに選定されている。
  • 従業員数が全世界で5000人以上。
  • 自国(本社の所在国)以外の従業員比率が40%以上。

Great Place to Work® Institute は、世界45カ国以上で、世界共通の基準で、「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」を調査分析し、発表している。アメリカでは、この「働きがいのある会社」リストに名を連ねることが、「一流企業の証」と受け止められている。アメリカにおける2014年版「働きがいのある会社ランキング」は2014年1月頃に発表予定。

アメリカ人の69%は、たとえ失業していても、悪評高い企業では働きたくない

人材関連サービス大手のAllegisグループと連携している媒体CRマガジンは、毎年発行している企業のレピュテーション調査から「アメリカ人の69%は、たとえ失業していても、悪評高い企業の仕事を拒む」ことが明らかになったと発表した。CRマガジンのCEO、エリオット・クラークは、「今年度の結果は、優れた才能をもつ人材を採用し離職させないためには、ポジティブな企業の評判がいかに重要かを示している。私たちの毎年の分析は、この感覚が年々強くなっていることを示している」と語っている。

インターネット、SNSの普及とともに、企業情報サイトのコンテンツも充実してきており、一般の人が企業内部の情報を得やすくなっているなかでは、グローバル企業が優れた人材を集めるためには、従業員を含めた社内外のステークホルダーとのコミュニケーションの重要性が増しているといえそうだ。


CRマガジン(Corporate Responsibility Magazine)のホームページ
同誌は、100 Best Corporate Citizens Ranking(企業市民ランキング・ベスト100)の調査・発表を行っている。CEOのエリオット・クラーク氏は、2006年に創設されたSharedXpertise Media(有限責任法人)のCEO。同社は世界最大のCR(企業の責任)フォーラムであるCommit!Forumを開催、情報誌を発行している。

日本では、Great Place to Work® Institute Japanが2007年から調査、発表を開始しており、日本における2014年版「働きがいのある会社ランキング」は、「日経ビジネス」において2014年1月下旬ごろに発表予定。エントリー方式なので、同調査の認知度の高い外資企業が多く、日本国内のすべての企業が入っているわけではないが、就職活動や転職活動の参考になる情報であることは間違いない。

ちなみに、2013年の日本におけるランキングは、下記の通り。

  1. グーグル
  2. 日本マイクロソフト
  3. Plan・Do・See
  4. ワークスアプリケーションズ
  5. サイバーエージェント
  6. アメリカン・エキスプレス
  7. ザ・リッツ・カールトン東京
  8. トレンドマイクロ
  9. 三幸グループ
  10. ディスコ
  11. モルガン・スタンレー
  12. セプテーニグループ
  13. アサヒビール
  14. 日本イーライリリー
  15. プルデンシャル生命保険
  16. 船井総合研究所
  17. ブラザー工業
  18. 東京海上日動システムズ
  19. ポジティブドリームパーソンズ
  20. アイ・ケイ・ケイ
  21. 良品計画
  22. アボットジャパングループ
  23. 堀場製作所
  24. ザ・リッツ・カールトン大阪
  25. ルネサンス
  26. ノボノルディスクファーマ
  27. ザイマックスグループ
  28. DHLジャパン
  29. ガリバーインターナショナル
  30. インテリジェンス

Google」関連記事はこちら

Follow Us