ヤフー、業績連動型の社員食堂をオープン

share

ヤフーは、会社設立18周年となる31日に、同社として初の社員食堂「BASE6(ベース・シックス)」をミッドタウン本社から徒歩数分の場所にオープンした。


この食堂は、社員やその家族、関係者が利用することができる。

同社では、「201X年までに営業利益2倍」、「流通総額国内ナンバーワン」という目標を掲げている。

「BASE6」という名前は、山登りのためのベースキャンプ(BASE CAMP)の「BASE」と六本木の「6」が由来。

掲げた目標を「山」に見立て、高い山を目指す社員にとって、山のふもとにあるベースキャンプのように「食事をするだけでなく、コミュニケーションが生まれ、様々な情報が集まる場所になってほしい」という願いが込められているという。

大きな特徴が、「業績連動」でランチ料金が決まる点。前四半期の全社利益目標を達成すれば、次の四半期のランチ料金が無料になる仕組みだ。

未達成だった場合、ランチは1食540円(税込)で、会社が負担する130円を差し引いた410円(税込)が社員負担となる。

今年3月末までは無料とし、4月から正式に「業績連動型」の仕組みがスタートする。

前述の「201X年までに営業利益2倍」という目標を社員により身近に感じてもらうことが採用の理由だという。

【関連記事】1月に社員食堂オープン。爆速で臨むヤフーのインナー広報

Follow Us