One Show 2013受賞作品展、3月6日から

share

カンヌライオンズ、クリオ賞と並ぶ世界の三大広告賞のひとつ「One Show」の受賞作品展「鉄のマインド ONE SHOW 2013」がアド・ミュージアム東京(東京・汐留)で開催される。会期は3月6日から5月18日まで。

最高賞「Best of Show」には、One Showから、カンヌライオンズ2013で5冠・スパイクスアジア2013で7冠を達成したオーストラリア メルボルン鉄道の青少年向け安全啓発アニメーション「Dumb Ways to Die」、One Show Designから「Recipeace」、One Show Interactiveから「Nike+Fuelband」が選ばれた。

日本はOne Show Designでゴールド5本、シルバー2本、ブロンズ6本の計13本のペンシルを獲得。One ShowおよびOne Show Interactiveではペンシルの獲得はなかった。

ワンショー2013の結果について、詳細はこちら

1.One Show/Best of Show

「Dumb Ways to Die」(Metro Trains、McCann Melbourne)

2.One Show Design/Best of Show

「Recipeace」(Peace One Day、Leo Burnett Chicago)

3.One Show Interactive/Best of Show

「Nike+ FuelBand」(Nike、R/GA New York)

4.One Show/Gold

「The Sunday Times Rich List Campaign」(News International、CHI&Partners London)

5.One Show Design/Gold

「Tamabi」(Tama Art University、MR_DESIGN Tokyo)

6.One Show Interactive/Green

「Nissan LEAF:A World Without Petrol」(Nissan、WhybinTBWA Group Melbourne Melbourne)

※ワンショーは、米・ニューヨークに拠点を置く非営利団体「ワンクラブ」が顕彰する国際広告コンペティションで、毎年5月に開催される。世界の広告界の第一線で活躍するクリエイターが審査にあたり、コピーライターやアートディレクターといった個人の技能に評価を与えることが特徴。一般広告が対象の「One Show」、ニューメディアやオンライン広告が対象の「One Show Interactive」、パッケージやブランディングなどが対象の「One Show Design」の3部門で構成される。

Follow Us