アートディレクター 西岡範敏による新しい「文様」の展覧会

share

3月28日から東京・GALLERY SPEAK FORで「西岡ペンシル ニュー・文様」展が開催される。西岡ペンシルとは、アートディレクター 西岡範敏のこと。

 「西岡範敏」さんに関連する記事はこちら


日経電子版新キャンペーン「田中電子版」のアートディレクション、ラゾーナ川崎プラザのテレビCMやポスター、「welcome! ほじょ犬」のロゴマークなどを手がける一方、着物ブランド「Elly & Oby」において図柄を創作する、SHISEIDO THE GINZAビューティーマルシェ キュレーターとして、全国各地の作家や工房とコラボレーションするなど、独自の表現活動を多岐にわたり展開している。

そんな西岡がここ数年、“衝動的に”制作してきたのが「文様」だ。今回、雪の結晶やひまわりの種などの自然の造形の法則や、装飾様式に終わることのないかつての北斎漫画や伝統的な着物の文様に見られる「図像に意味を重ねる」手法を用いて、今様に自分流に制作した文様を発表する。

本展は、今年2月にパリで初めて発表され好評を得た展覧会で、本展が日本で初めての個展となる。

会場では、京都の和紙化粧工房「かみ添(kamisoe)」による和紙に顔料で木版摺りを施したパネル作品シリーズや、着物のひな形(図案)を紙に刷ったシルクスクリーン作品「ひいなかた西岡流」シリーズ、インクジェットプリントを用いた現代風文様「文様帖西岡流」シリーズなど、大小約30点の作品を展示、販売。

また、京友禅の老舗「岡重(okaju)」による手捺染の風呂敷や、着物ブランド「Elly & Oby」の着物、オリジナルデザインのハンカチ、ノートなども販売される。

初日28日18時30分より、西岡ペンシルが作品解説を行うギャラリートークも開催される。

西岡ペンシル「ニュー・文様」展

会期:3月28日(金)~ 4月9日(水)
会場:GALLERY SPEAK FOR
時間:11時~19時 木曜休廊

Follow Us