本日開催!ニューヨークフェスティバルの新トロフィーがすごい

share

本日5月1日は、今年で57回目を迎えるニューヨークフェスティバル(NYF)の授賞式。
グローバルエージェンシーのエグゼクティブや広告界最前線で活躍するクリエイターをパネリストに招いたセッションが午前10時(現地時間)から開催されており、午後8時半に受賞作品の発表が始まる。

結果発表に先立ち、注目したいのが、今回の受賞作品に贈られる新しいトロフィーだ。

デザインを手がけたのは、ニューヨークに拠点を置くデザイン会社・Sagmeister & WalshのStefan SagmeisterとJessica Walsh。
サイズとデザインは5種類、最高賞の「the World’s Best Idea」 以下、「Grand Prize」「First Prize」「Second Prize」「Third Prize 」と賞によって異なる。


イメージムービー

ニューヨークの超高層ビル群に着想を得てデザインされたこのトロフィー、ただのトロフィーではない。底の部分に小さなLEDプロジェクターが付いており、壁やスクリーンにかざすと、スタッフリストと、受賞した作品を音声つきで写し出すことができる。

新しいトロフィーについて、「受賞者が棚に飾るものですから、美しくも主張しすぎないデザインを心がけました」とWalsh氏。またSagmeister氏は、「自分たちがもらって嬉しいものを作りました。持ったときに良い気分になれるもの、いくつか集めたときに素敵に見えるもの、受賞者の名前をこれまでにない革新的な方法で表示できるものーー。金属製の小さなネームプレートを貼り付けられているのがいつも嫌だったんです」と話した。

Follow Us