ファンが生成するコンテンツで、「乾杯」がもたらす幸福感を訴求——キリン「一番搾リング」

share

キリンは、夏のビール需要期を控えた5月末から7月上旬にかけ、「キリン一番搾り生ビール」の新キャンペーンを展開している。

「一番搾リング」キャンペーンサイト

同キャンペーンは、リコーが開発した全天球カメラ「THETA(シータ)」を使った特別な装置「一番搾リング」で、ユーザーが仲間との「乾杯」の瞬間を撮影し、WebやSNSで共有することができるというもの。

「乾杯」を、お酒にまつわるシーンの中でも特に幸福な瞬間であるとし、その様子を写真に収めて共有してもらうことで、ビールを飲むことの楽しさをより多くの人に訴求したい考え。

シータは、上下左右360°を撮影できる小型カメラ。

ビールを片手にカメラを囲んでシャッターを切ると、共に乾杯する仲間がぐるりと輪のように並ぶ、ユニークな写真を撮影することができる。

写真はその場でスマートフォンにダウンロードし、ソーシャルメディアに投稿したり、「一番搾リング」キャンペーンサイトで公開することができる。

PCではマウスで、スマートフォンでは指先でドラッグ&ホイールすると、写真を回転させてアングルを変えたり、ズームアップ/ズームアウトすることも可能。


「一番搾リング」イメージムービー

「一番搾リング」は、7月上旬(予定)まで期間限定でオープンする全国4カ所のブランドコンセプトショップ「キリン一番搾りガーデン ブルワリーエクスペリエンス(一番搾りガーデン)」と、千歳、仙台、取手、横浜、名古屋、滋賀、神戸、岡山、福岡の全国9カ所のキリングループ工場に設置される。

5月26日にオープンした一番搾りガーデン東京店を皮切りに、仙台・大阪・福岡の3店舗でも順次展開し、6月下旬からは各工場でも体験できるようになる。

担当広告会社はオグルヴィ・ワン・ジャパン。

同社クリエイティブ・ディレクターの阿部晶人氏は、「“デジタル”というと、ネット上での表現だと思われがちだが、今回のように店頭の装置を起点に展開していく方法も、これから増えていくだろう」と話した。

【スタッフリスト】

○企画制作
オグルヴィ・ワン・ジャパン+たき工房+ARTISAN+マスクマン
〇CD
阿部晶人
〇AD
石塚展久

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

THETA(シータ)」関連記事はこちら
オグルヴィ・ワン・ジャパン」関連記事はこちら

Follow Us