コラム

全広連名古屋大会 特集

各地の広告協会から〔1〕(北海道~長野)

share

【前回のコラム】「地域から日本を元気に——全日本広告連盟・大平明理事長」はこちら

広告界最大級のイベント「全日本広告連盟大会」が今年5月、名古屋市で開かれ、62回の歴史で過去最大の1600人が来場しました。主催は広告界の業界団体である公益社団法人全日本広告連盟(全広連)です。この企画は、全広連と宣伝会議とのコラボレーションの一環で、名古屋大会のレポートや地域ごとの取り組みを紹介します。

全日本広告連盟は全国37の地域広告協会で構成されます。広告協会は広告主、広告業、媒体社ら地域広告界の主要構成員が会員となり、広告賞ほか顕彰制度や懇親など、それぞれ地域に根ざした活動を展開しています。全37の広告協会のいまの取り組みや、地域経済・広告界の動きを紹介します。

【全北海道】札幌国際芸術祭、初の開催へ

北海道・札幌では、初となる国際的なアートフェスティバルである「札幌国際芸術祭2014」が、世界的に著名なアーティストである坂本龍一氏をゲストディレクターに迎え、7月19日から9月28日までの72日間にわたり開催されます。

開催テーマは「都市と自然」。これからの都市と自然の共生のあり方を考える国際芸術祭として、世界で活躍する現代アーティストたちが参加し、市内各所では様々なプロジェクトが展開されます。新しい形の芸術祭として注目されています。(全北海道広告協会)

【青森】青森-函館の経済活性化へ

全広連青森大会から1年が経った。振り返ると大会の成果は様々あるが、この大会が残した「広告コミュニケーションのチカラ」を広める取り組みを進めていきたい。

今春には郵便局と共催で、ダイレクトメールマーケティングの手法を研修、マス広告との連携を探った。交流の中でお互い広告活動の刺激となった。直近では、遊技場業界の広告事情について講演会を実施する。青森広告協会は今後こうした“業界”との接点の場を持ち、広告への認識を確認していく。

地域ではいま、新青森駅以北の北海道新幹線の工事が進み、2016年春にはいよいよ北海道・函館につながる。海を挟んだ青森と函館のユニークな経済圏の活性化に、地元広告協会として広告の力を浸透させたい。(青森広告協会)

【岩手】「ジオパーク」で三陸の観光に期待

三陸の美しい風景(提供・三陸鉄道)

2013年9月、地質遺産の保全・活用を目的とした自然公園「日本ジオパーク」の審査会で、岩手県沿岸部を中心とした「三陸ジオパーク」が認定された。東日本大震災の津波で、三陸の観光は大きなダメージを受け、観光需要が減少する中、新たな観光資源として期待されている。

また、超大型加速器・国際リニアコライダー(ILC)の日本誘致、東北(北上山地)への施設建設実現に向け、県民集会を開くなど周知を図っている。

岩手広告協会は、7月28日に通常総会の開催と第45回岩手広告賞・岩手広告美術展の表彰式を行い、秋には講演会を予定している。(岩手広告協会)

次ページ 「【仙台】【秋田】【山形】【福島】」に続く

Follow Us