コラム

全広連名古屋大会 特集

かがやく「和」の未来——2015年大会は金沢で

share

【前回のコラム】「全広連日本宣伝賞贈呈——広告界発展の功労を称える」はこちら

広告界最大級のイベント「全日本広告連盟大会」が今年5月、名古屋市で開かれ、62回の歴史で過去最大の1600人が来場しました。主催は広告界の業界団体である公益社団法人全日本広告連盟(全広連)です。この企画は、全広連と宣伝会議とのコラボレーションの一環で、名古屋大会のレポートや地域ごとの取り組みを紹介します。

来春の北陸新幹線開業を記念

金沢の芸妓による踊りが披露された

北陸新幹線開業PRキャラクター「ひゃくまんさん」も登場し、会場を盛り上げた

「来年は新幹線で金沢にお越しください」——。名古屋大会の式典の最後に、次回開催地の金沢を代表して高澤基・金沢広告協会会長(北國新聞社社長)が呼びかけた。金沢の三つの茶屋街の芸妓による華やかな踊りが披露されたほか、北陸新幹線開業に伴う石川県のPRキャラクター「ひゃくまんさん」が登場し、場を盛り上げた。

金沢大会のロゴ

次回の全広連大会は2015年5月20日~22日に金沢市の「石川県立音楽堂コンサートホール」で行われる。テーマは、「金沢発。広告の『かがやき』と、五感の、お・も・て・な・し」。金沢での開催は、05年の第53回以来10年ぶり3回目となる。

次ページ 「金沢で広告人の五感磨こう——高澤基・金沢広告協会会長」に続く

Follow Us