テクノロジー・サイエンスの企業だからこそ、その対極にある人間にエモーショナルな部分に訴える「アート」の視点が大事。

Follow Us