よくある質問「ローカルだといい仕事はあまりないんじゃないの?」に答えます!

前回のコラム「懐深い名古屋の地で、「人々の想い×オバケのアイデア×変幻自在のクリエイティブチーム=世の中を良くするソリューション」はこちら

「これからの日本は、地域が元気にする!」――ネットの登場により、日本全国どこにいても、遠く離れた他の地域と、さらには国境を超えて広い世界と向き合うことができる現在。
地域で活動するクリエイターは、その土地の特性を生かしたプロダクトやサービス、表現を生み出すのはもちろんのこと、その魅力を世界に向けて発信することで、業界全体に大きなムーブメントを起こしたり、日本の、そして各地域の魅力を再認識してもらうきっかけをつくることもできるようになりました。
コミュニティの密度が高いからこそ実現する企画、その地に暮らしているからこそ発想できるアイデア。テクノロジーの発展によってそこに情報の発信力、メッセージの拡散力が加わったことで、地域で働くクリエイターができることの可能性は大きく広がりつつあります。
第1弾の好評を受けて実現した、この 「いま地域発のクリエイティブが面白い! Vol.2」には、広告のみならず、プロダクト、パッケージ、空間、建築と幅広い領域のクリエイター9人が登場。地域で働くクリエイターが感じている「限界」、そして「可能性」とは?
等身大で、自分の仕事の今と、未来に向けた思いを語ります。


羽山 潤一「DEJIMA GRAPH(デジマグラフ)」

羽山 潤一「DEJIMA GRAPH(デジマグラフ)」

羽山 潤一「DEJIMA GRAPH(デジマグラフ)」

初めまして、DEJIMA GRAPH(デジマグラフ)の羽山潤一です。長崎を拠点にデザイナーをしています。独立して3年目に入ったところです。「ローカルだといい仕事はあまりないんじゃないの?」とよく尋ねられますが、そんなことはありません。ローカルで仕事をする魅力を思いつく順に挙げると……

●ローカルは、いいデザインを待っている人・もの・ことに溢れている。

●商品の企画やブランディング、仕組みづくりなど、ビジネスの上流部分から関わりやすい環境がある。

●クライアント企業のトップと会いやすく、本音で打ち合わせに臨める。

といったことが思い浮かびます。

僕が長崎でやりがいを感じながら、かつ楽しく仕事をできている理由を一言でまとめると「いい環境のおかげ」ということでしょうか。その実感を4つの事例に沿ってご紹介します。

【事例1:「贈答にふさわしいデザインで五島名産を全国へ広めたい。」—BARAMONシリーズの場合】

一つ目の事例、長崎・五島のお土産・ギフトブランド「贈れる五島『BARAMON』」シリーズは、独立直後にいただいた仕事です。不動産や養殖、石油製品販売など、地元長崎で幅広い事業を展開するフジオカの藤岡秀則社長の「贈答にふさわしいパッケージを施すことで、五島名産はもっとファンを獲得できる」という思いに共感するところからスタートしました。

社長自らほとんどすべての打ち合わせに同席されたのでコンセプト共有をスムーズに行うことができ、ディテールのデザインを考えることに集中できました。手延べうどんや自然塩、かんころ餅。自家消費には問題がなくても、それらのデザインは、贈答には難しい現実が……それは、長崎に住む一市民としてよく理解できました。

デザインの目標は、地元で愛される長崎の特産品を、贈り物として成立させ、既存市場とは別の市場にシフトさせること。結果、美術館のミュージアムショップや、渋谷ヒカリエのような話題のスポットで販売されており、これまでアプローチできなかった若い女性層に、五島の食の魅力を知ってもらうきっかけをつくることができました。デジマグラフの代表的な仕事の一つです。

BARAMONシリーズは、九州アートディレクターズが主催する「K-ADCアワード」の初代グランプリを受賞。審査員の一人・ナガオカケンメイ氏の計らいで、渋谷ヒカリエでの展開が受賞当日に決定した。また、長崎県内で企画開発されている優れたデザインの商品を表彰する「長崎デザインアワード2013」で大賞を受賞した。

地域産業の問題意識や地域企業が抱える課題に「まさにそうだよなぁ」と素直に共感できるのは、その土地に住む者として、なじみのある商品だからこそ。また、フジオカが大切にしている離島振興の精神に「企業が地域を考えるって、こういうことか~」と独立直後に学ばせていただいた案件でもあります。

次ページ 「事例2—小野原本店シリーズの場合」に続く

次のページ
1 2 3
地域クリエイション 第2弾
地域クリエイション 第2弾

【1人目】平井 秀和(ピースグラフィックス)

1

青柳ういろう、大和屋の守口漬など地元企業のパッケージをはじめ書籍、広告まで幅広く制作中。D&AD in book、The One Show Merit、NY TDC入選、Design for Asia銀賞、香港国際デザイン賞銅賞、ポスタートリエンナーレトヤマ入選、ブルノ国際ビエンナーレ入選、DM大賞銀賞、愛知広告協会大賞など


【2人目】木村 幸司(STARRYWORKS inc.)

1

2006年にSTARRYWORKS inc.を設立。Webサイトやアプリ、インスタレーション、ガジェット、グラフィック、映像など幅広い分野のものを作っています。主な仕事に「マイフェイバリット関西」、「Pocky x THE BAWDIES 360° Panorama Music Video」、「いろぴこ」など。


【3人目】中村 俊介(しくみデザイン 代表取締役/シクミスト)

shunsuke

名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)にてメディアアートを制作しながら、博士(芸術工学)を取得。2005年、世の中を楽しくするしくみをデザインするため、しくみデザインを設立。2013年にはインテルの国際コンテストで世界一になるなど受賞も多く、参加型サイネージやライブコンサートのリアルタイム映像演出等、数々の日本初を手がけている。


【4人目】田中 義弘(アイデアクラウド代表取締役)
shunsuke

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、WEB制作会社を設立。WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をスタート。建築物に拘らず、「ウェスティンナゴヤキャッスル」、「グランドティアラ」などへの施設常設型のプロジェクションマッピングの提供や、プロジェクションマッピングを利用した企業プレゼンテーションなどを手掛ける。


【5人目】花岡洋一・山根シボル・トミモトリエ(株式会社人間)
shunsuke

「面白くて 変なことを 考えている」をモットーに人間を笑わせる作品を作りづつける会社。デジタル・アナログにこだわらず、“笑い”を中心とした広告表現で人間の心をくすぐる活動にチャレンジしている。


【6人目】池端宏介(インプロバイド コピーライター、クリエイティブディレクター)


shunsuke

1978年北見市生まれ。上智大学外国語学部卒業。日本デザインセンター、エルグなどを経て、現在インプロバイドに所属。コピーライターの職能を活かし、ディレクターとして職域を広げる。
ホクレン「よくねたいも」のネーミング、北見市「小麦で、オホーツクる!」、上富良野町「CAMIFLAG」、エゾシカ革活用プロジェクト「ezokka」、カルビー ポテトファーム、北瑛美瑛の丘 ビブレなど担当。SCC(札幌コピーライターズクラブ)最高賞受賞(4回)。講演歴は6次産業化交流会、旭川デザイン協議会、北見市「感覚にたよらないネーミング&パッケージデザイン講座」など。最近は6次産業化に関するデザインや商品企画に携わることが多い。


【7人目】井手 健一郎(リズムデザイン/建築家)

shunsuke

1978年福岡県生まれ。2000年に福岡大学工学部建築学科卒業後、渡欧。1年間で西ヨーロッパを中心に14カ国97都市を訪れる。帰国後、2004年に自身の事務所「rhythmdesign|リズムデザイン」設立。以降、「Think, seamless|翻訳的に思考する」ことをベースに、建築やインテリアの設計、リノベート、リサーチ、ワークショップなどのプロジェクトを手がけ、現在では国内外でプロジェクトが進行中。2005年より「まちを伝え楽しむ」ことを目指したデザインイベント「DESIGNING?|デザイニング展」の企画・プロデュースをつとめる(共同主宰)。代表作に、今宿の礼拝堂、飯塚の住宅などの建築設計、KYOYA薬院ビル、ハイアット・レジデンシャルスイート・福岡(現:ザ・レジデンシャルスイート・福岡)などのリノベート、パルコ初の自主編集ショップ「once A month / ワンス・ア・マンス」のインテリアデザイン、アッシュ・ぺー・フランスが企画するインテリアの合同展示会「BAtoMA」の会場デザインなど。


【8人目】柴田始志(アフリカデザイン 代表/デザイナー)

shunsuke

名古屋出身。デザイン学校卒業後、ケニアに留学。1年アフリカ諸国を巡った後、帰国。
ブラザーでDTPや展示会の提案。ベビー用品会社で商品やサイトのデザイン、海外での買い付け、ECサイト運営を経て独立。デザイン事務所の運営と共に、ベビー用品の輸入、卸、販売をする会社の取締役を兼任。


【9人目】松倉早星(ovaqe)


vaqe inc.代表 / クリエイティブ・ディレクター
1983年、北海道富良野生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。東京・京都の制作会社にプランナーとして在籍。2011年12月ovaqe inc.設立。領域を横断した多数のプロジェクトに携わる。主な仕事にグリコアイスの実「AKB48 推し面メーカー」、HOTEL ANTEROOM KYOTO、サクラクレパス『わたしだけのはらぺこあおむし』限定セットなど。国内外デザイン・広告賞受賞多数。宣伝会議アートディレクター養成講座大阪教室講師。京都造形芸術大学非常勤講師。
http://ovq.jp/
http://subarumatsukura.com/


【10人目】羽山潤一(DEJIMA GRAPH/アートディレクター)
hayama

1977年生まれ。長崎県諫早市出身。印刷会社、デザイン事務所を経て2011年DEJIMAGRAPHを長崎に設立。地元長崎をはじめローカルの魅力を伝えるデザインを多く担当する機会をいただいています。K-ADC AWARD 2012にてグランプリ受賞。長崎県デザインアワードにて大賞受賞。
http://dejimagraph.com/



【11人目】東井 崇(フリーランス コピーライター/クリエイティブディレクター)


1977年岐阜県生まれ。北海道大学文学部卒業。リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、2012年独立。広告のクリエイティブディレクション・企画・コピーライティングをはじめ、企業スローガン、商品コンセプト、ネーミングなどを手がける。主な受賞歴は、2007SCC(札幌コピーライターズクラブ)新人賞、2014SCC最高賞、2013ACCラジオCM部門ブロンズ、全北海道広告協会賞優秀賞など。


【12人目】鎌田 順也(K D/アートディレクター・グラフィックデザイナー)

shunsuke

1976年生まれ。北海道東海大学卒業。北海道芸術デザイン専門学校卒業。K D主宰。JAGDA新人賞2014、JAGDA賞2011、日本パッケージデザイン大賞 金賞・銀賞・銅賞、日本タイポグラフィ年鑑 ベストワーク賞、中国国際ポスタービエンナーレ 銅賞、ニューヨークADC Merit賞、札幌ADCでは5度のグランプリ受賞(05年・06年・09年・10年・13年)。東海大学・札幌大谷大学 非常勤講師。

地域クリエイション 第2弾

【1人目】平井 秀和(ピースグラフィックス)

1

青柳ういろう、大和屋の守口漬など地元企業のパッケージをはじめ書籍、広告まで幅広く制作中。D&AD in book、The One Show Merit、NY TDC入選、Design for Asia銀賞、香港国際デザイン賞銅賞、ポスタートリエンナーレトヤマ入選、ブルノ国際ビエンナーレ入選、DM大賞銀賞、愛知広告協会大賞など


【2人目】木村 幸司(STARRYWORKS inc.)

1

2006年にSTARRYWORKS inc.を設立。Webサイトやアプリ、インスタレーション、ガジェット、グラフィック、映像など幅広い分野のものを作っています。主な仕事に「マイフェイバリット関西」、「Pocky x THE BAWDIES 360° Panorama Music Video」、「いろぴこ」など。


【3人目】中村 俊介(しくみデザイン 代表取締役/シクミスト)

shunsuke

名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)にてメディアアートを制作しながら、博士(芸術工学)を取得。2005年、世の中を楽しくするしくみをデザインするため、しくみデザインを設立。2013年にはインテルの国際コンテストで世界一になるなど受賞も多く、参加型サイネージやライブコンサートのリアルタイム映像演出等、数々の日本初を手がけている。


【4人目】田中 義弘(アイデアクラウド代表取締役)
shunsuke

イベントプロダクション・グラフィックデザイナーを経て、WEB制作会社を設立。WEBから得た技術をベースに、プロジェクションマッピング事業をスタート。建築物に拘らず、「ウェスティンナゴヤキャッスル」、「グランドティアラ」などへの施設常設型のプロジェクションマッピングの提供や、プロジェクションマッピングを利用した企業プレゼンテーションなどを手掛ける。


【5人目】花岡洋一・山根シボル・トミモトリエ(株式会社人間)
shunsuke

「面白くて 変なことを 考えている」をモットーに人間を笑わせる作品を作りづつける会社。デジタル・アナログにこだわらず、“笑い”を中心とした広告表現で人間の心をくすぐる活動にチャレンジしている。


【6人目】池端宏介(インプロバイド コピーライター、クリエイティブディレクター)


shunsuke

1978年北見市生まれ。上智大学外国語学部卒業。日本デザインセンター、エルグなどを経て、現在インプロバイドに所属。コピーライターの職能を活かし、ディレクターとして職域を広げる。
ホクレン「よくねたいも」のネーミング、北見市「小麦で、オホーツクる!」、上富良野町「CAMIFLAG」、エゾシカ革活用プロジェクト「ezokka」、カルビー ポテトファーム、北瑛美瑛の丘 ビブレなど担当。SCC(札幌コピーライターズクラブ)最高賞受賞(4回)。講演歴は6次産業化交流会、旭川デザイン協議会、北見市「感覚にたよらないネーミング&パッケージデザイン講座」など。最近は6次産業化に関するデザインや商品企画に携わることが多い。


【7人目】井手 健一郎(リズムデザイン/建築家)

shunsuke

1978年福岡県生まれ。2000年に福岡大学工学部建築学科卒業後、渡欧。1年間で西ヨーロッパを中心に14カ国97都市を訪れる。帰国後、2004年に自身の事務所「rhythmdesign|リズムデザイン」設立。以降、「Think, seamless|翻訳的に思考する」ことをベースに、建築やインテリアの設計、リノベート、リサーチ、ワークショップなどのプロジェクトを手がけ、現在では国内外でプロジェクトが進行中。2005年より「まちを伝え楽しむ」ことを目指したデザインイベント「DESIGNING?|デザイニング展」の企画・プロデュースをつとめる(共同主宰)。代表作に、今宿の礼拝堂、飯塚の住宅などの建築設計、KYOYA薬院ビル、ハイアット・レジデンシャルスイート・福岡(現:ザ・レジデンシャルスイート・福岡)などのリノベート、パルコ初の自主編集ショップ「once A month / ワンス・ア・マンス」のインテリアデザイン、アッシュ・ぺー・フランスが企画するインテリアの合同展示会「BAtoMA」の会場デザインなど。


【8人目】柴田始志(アフリカデザイン 代表/デザイナー)

shunsuke

名古屋出身。デザイン学校卒業後、ケニアに留学。1年アフリカ諸国を巡った後、帰国。
ブラザーでDTPや展示会の提案。ベビー用品会社で商品やサイトのデザイン、海外での買い付け、ECサイト運営を経て独立。デザイン事務所の運営と共に、ベビー用品の輸入、卸、販売をする会社の取締役を兼任。


【9人目】松倉早星(ovaqe)


vaqe inc.代表 / クリエイティブ・ディレクター
1983年、北海道富良野生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。東京・京都の制作会社にプランナーとして在籍。2011年12月ovaqe inc.設立。領域を横断した多数のプロジェクトに携わる。主な仕事にグリコアイスの実「AKB48 推し面メーカー」、HOTEL ANTEROOM KYOTO、サクラクレパス『わたしだけのはらぺこあおむし』限定セットなど。国内外デザイン・広告賞受賞多数。宣伝会議アートディレクター養成講座大阪教室講師。京都造形芸術大学非常勤講師。
http://ovq.jp/
http://subarumatsukura.com/


【10人目】羽山潤一(DEJIMA GRAPH/アートディレクター)
hayama

1977年生まれ。長崎県諫早市出身。印刷会社、デザイン事務所を経て2011年DEJIMAGRAPHを長崎に設立。地元長崎をはじめローカルの魅力を伝えるデザインを多く担当する機会をいただいています。K-ADC AWARD 2012にてグランプリ受賞。長崎県デザインアワードにて大賞受賞。
http://dejimagraph.com/



【11人目】東井 崇(フリーランス コピーライター/クリエイティブディレクター)


1977年岐阜県生まれ。北海道大学文学部卒業。リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、2012年独立。広告のクリエイティブディレクション・企画・コピーライティングをはじめ、企業スローガン、商品コンセプト、ネーミングなどを手がける。主な受賞歴は、2007SCC(札幌コピーライターズクラブ)新人賞、2014SCC最高賞、2013ACCラジオCM部門ブロンズ、全北海道広告協会賞優秀賞など。


【12人目】鎌田 順也(K D/アートディレクター・グラフィックデザイナー)

shunsuke

1976年生まれ。北海道東海大学卒業。北海道芸術デザイン専門学校卒業。K D主宰。JAGDA新人賞2014、JAGDA賞2011、日本パッケージデザイン大賞 金賞・銀賞・銅賞、日本タイポグラフィ年鑑 ベストワーク賞、中国国際ポスタービエンナーレ 銅賞、ニューヨークADC Merit賞、札幌ADCでは5度のグランプリ受賞(05年・06年・09年・10年・13年)。東海大学・札幌大谷大学 非常勤講師。

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

このコラムを読んだ方におススメのコラム