5000万人のプラットフォーム「T-SITE」が見据える未来

share

エンターテインメントを中心に、個人の嗜好に合ったライフスタイル情報にアクセスできるサービス「T-SITE」がオープンした。既存サービスの大幅リニューアルやID統合などを通じて、5000万人のT会員データベースに巨大なプラットフォーム構築を指揮した櫻井徹氏に開発の意図とビジョンを聞いた。

まだ知らない「好き」と出合えるレコメンドシステムを構築

1

5000万人のT会員基盤をもとに、ユーザーの趣味・嗜好を予測したコンテンツを表示する「T-SITE」

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループは10月20日、「あなたの好きが集まる、見つかる」をコンセプトにしたネットサービス「T-SITE」を提供開始した。

5000万人のT会員データベースをもとに、独自のロジックでユーザーの趣味・嗜好を予測しコンテンツが表示されるワン・トゥ・ワンレコメンドが特長。

さらにTSUTAYA onlineやTSUTAYA DISCASなど、グループが運営してきた複数のサービスの入り口を一本化してストレスなく行き来できるプラットフォームを構築した。

構想から1年半に及ぶ大規模なプロジェクトを主導したのは、CCCグループのネットメディア事業を統括するT-MEDIAホールディングスであり、サイト制作・運用や編集・データベース構築などを担当したのが同じくグループのアイ・エム・ジェイ(IMJ)。

両社の社長を兼務する櫻井氏は企画からローンチまでの過程をリードしてきた。

代官山蔦屋書店を中心にカフェやコンビニ、クリニックなどを備えた最先端の情報発信基地「代官山T-SITE」(東京都渋谷区)の世界観をオンライン上に実現したものがT-SITEだ。

「書籍や映像・音楽といった我々の得意分野のサービス展開から始め、ライフスタイル全般を支援する新サービスを投入する」考えで、コンセプトに共感する他社とも協業していく。

ベンチャー企業と共同でサービス展開するプログラム「T-VENTURE PROGRAM」も用意しており、「ユーザー・提携企業・CCCグループの全員にメリットがある“三方良し”のサービス展開ができる相手であれば誰でも歓迎したい」。

肝となるのは「独自のロジック」だ。本人も気づいていない“好きなもの”を個人の属性から抽出、偶発的な出合いを設定し、ユーザー自身が新しい発見を体験できる仕組み。

「映像・音楽・書籍といったエンターテインメントはユーザーの趣味・嗜好を明確に表すので的確な情報提供などのリコメンドができる。顧客満足を得るとともにパートナー企業にもメリットを享受してもらいたい」。

Follow Us