「くまのがっこう」と共に商品の魅力、企業の姿勢を伝える

share

未就学児から母親まで根強い人気を誇る「くまのがっこう」は、絵本から生まれたキャラクター。2002年の絵本誕生以来、幼稚園への訪問イベントも続けており、「子どもを応援したい」企業がキャンペーンやCSR活動などで採用するケースが目立つ。そんな「くまのがっこう」が、キャラクターの販促パワーを体験してもらおうと、コラボレーションしたい企業を募集する。

未就学児から母親まで根強い人気を誇る「くまのがっこう」は、絵本から生まれたキャラクター。2002年の絵本誕生以来、幼稚園への訪問イベントも続けており、「子どもを応援したい」企業がキャンペーンやCSR活動などで採用するケースが目立つ。そんな「くまのがっこう」が、キャラクターの販促パワーを体験してもらおうと、コラボレーションしたい企業を募集する。

絵本シリーズは累計200万部発行 母親から人気が広がる

「くまのがっこう」の絵本が発売されたのは2002年。絵本は第14作まで発行され、累計200万部を発行(2015年7月現在)、海外でも出版されている。関連グッズは1万点を超え、東京駅構内にオフィシャルショップも構えるほか、絵本を原作としたアニメ『がんばれ!ルルロロ』を展開。現在、NHK Eテレでアニメを放送しており、ルルロロ関連のアプリは、知育系を中心に200本以上にのぼる。

「くまのがっこう」の物語は、11ひきのおにいちゃんくまのこたちと、いたずら好きのくまのおんなのこ、ジャッキーがくりひろげる日常を描いたもの。晴れた日には洗濯し、食事はみんなでつくり、野菜を育てて自給自足。友情や家族愛といった普遍的テーマを扱う。

ここに、デザイン性の高いイラストが組み合わさったことで、絵本を読み聞かせる母親からの支持が高まり、ヒットになった。

メインの読者層は、4〜6歳の未就学児とその親。主人公が身に付けている小物や洋服の愛らしさに母親が反応し、絵本を購入していくケースが見られている。発売から13年経ち、子どもも大人も楽しめる絵本としてファン層も広がりを見せている。

case1

全国の幼稚園を巡回 社会貢献に積極的なキャラクター

「くまのがっこう」が他のキャラクターと一線を画するのが、独自のチャリティー活動など、社会貢献活動を積極的に行っている点だ。

絵本の発売以来、全国の幼稚園へ訪問している。着ぐるみのジャッキーが幼稚園で、コンサートや絵本の寄贈を行うというものだ。2011年の東日本大震災以降は、原作者であるあいはらひろゆき氏が仙台出身ということもあり、東北支援に特に力を入れ、年に2〜3回のペースで行っている。

2010年からは、Pasco(敷島製パン)と組み、幼稚園で食育クイズやパンの配布、絵本の寄贈も行いながら、園児との交流を図っている。コラボレーションのきっかけは、Pascoの担当者が幼稚園を巡る活動に関心を持ったこと。「CSRの一環として、一緒に何かできないか」と相談があった。

また毎年チャリティーミュージカルも実施。絵本の1作品を題材にしたミュージカルで、オーディションで選ばれた子どもたちが、半年間の稽古のすえ、舞台に立つ。いずれの活動も、「頑張る子どもたちを応援する」キャラクターである姿勢を表明するものとなっている。

case2
case3

次ページ 「企業とのコラボ 新プロジェクトがいよいよスタート」に続く

お問い合せ
株式会社キャラ研
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-4-11 ベルナハイツB棟7-1号
TEL:03-3473-9501
E-mail:info@charaken.com

Follow Us