ACCグランプリは、東海テレビ放送の公共キャンペーン

share

全日本シーエム放送連盟(ACC)は、「2015 55th ACC CM FESTIVAL」の入賞作品を発表した。総務大臣賞/ACCグランプリに決定したのは、以下の4作品。

テレビCMのグランプリに選ばれたのは、東海テレビ放送の公共キャンペーン。20代の女性記者が戦後70年の今を象徴するさまざまな現場を取材し、その姿をカメラで追いかけたドキュメンタリーCMである。同社は昨年のゴールド受賞に続いての受賞となる。

フィルム部門

Aカテゴリー(テレビCM)

東海テレビ/自社キャンペーン/総集編②
(電通中部支社+ソアズロック+Zaxx+東海テレビプロダクション)

Bカテゴリー(Online Film)

OK Go+Honda/I Won’t Let You Down
(もり+ドリル+電通+モリモリ)

ラジオCM部門

サントリーホールディングス サントリービール Beer-lingual
(マッキャンエリクソン+メガヘルツ)

ME部門

メルセデス・ベンツ日本 GLAクラス/GO!GLA
(HAKUHODO THE DAY+博報堂+AOI Pro.)

unnamed

インタラクティブ部門

アミューズ/ユニバーサルミュージック合同会社/Perfume at SXSW
(電通+ライゾマティクス+電通テック)

unnamed-1

CMの企画力、アイデアの力を持つ「制作者個人」へエールを送るために、2013年にフィルム部門に創設された小田桐昭賞は、英進館/中学部/歩く男ほか2篇(ACCシルバー)の制作者である村田俊平さん(電通九州)が受賞した。

Follow Us